the GazettE「KNOT FEST 2016」で世界標準のパフォーマンス
11月5、6日の2日間にわたり、千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで行われたスリップノット主催のフェス“KNOTFEST JAPAN 2016”。 今回、2度目の日本開催となるの「KNOTFEST」、参加アーティストは両日出演のスリップノットに加え、デフトーンズやディスターブド(5日)、マリリン・マンソン、ラム・オブ・ゴッド、そしてスラッシュメタル界の重鎮、アンスラックス(6日)など、大物がズラリ。 その中で、6日に登場したのがthe GazettE。 視覚的な要素を駆使するパフォーマンスに、轟音と叙情的なメロディーが混在する日本的な感性が世界中で熱く受け入れられている。2016年は北米や南米、さらにはアジアやヨーロッパをまわるワールドツアーを敢行し、各地を熱狂させてきたばかり。その勢いと、ビッグフェスへの参加という緊張感を胸に、彼らはステージに上がった。 メンバーの姿を確認するや、場内からは熱い声援が飛ぶ。1曲目にプレイされたのは『DOGMA』。昨年リリースしたアルバム『DOGMA』を象徴するナンバーだ。うねるようなサウンドが会場を漆黒に染めていく。続く『RAGE』『UGLY』も攻めのダークサウンド。グロウルとクリアな歌声をあやつるRUKI(Vo)のスタイルも独特だ。 MCでは「こんばんは、ガゼットです。見ての通りビジュアル系でございます」と、直球で挨拶し、歓声を浴びた。タイプの違うギタリスト、麗(G)と葵(G)のスリリングなギターや、REITA(B)と戒(Dr)による動きの多いプレイスタイルもステージに華やかさを添える。後半は観客のレスポンスをうながす『BLEMISH』『TOMORROWNEVER DIES』でテンションを上げ、「気合い入れてかかってこい!」という煽りでクライマックスへ。 ラストは人気の高い『Filth in the beauty』。 日本独自のビジュアル系シーンから生まれたthe GazettEの特異さは存分に伝わったと思う。 年内のライブは“KNOTFEST JAPAN 2016”の出演で打ち止めとなるthe GazettEだが、2017年3月10日には“十五周年記念公演 大日本異端芸者『暴動区 愚鈍の桜』”というアニバーサリー公演が決定している(@国立代々木競技場第一体育館)。アリーナクラスの会場でコンスタントにライブができるのは彼らの強みと言えるだろう。