玉城ティナ出演の「マジョリカ マジョルカ」魔法の動画が公開
資生堂は、女の子の尽きない「かわいい」への欲望を叶えるセルフメーキャップブランド「マジョリカ マジョルカ」より、見ているだけでかわいくなれる魔法の動画「魔法のピタゴラメーク」を、11月7日(月)よりYouTube「マジョリカ マジョルカ」公式アカウントにて公開した。動画の主人公には、10~20 代の女性を中心に熱狂的な人気を誇る、モデル・女優の玉城ティナが起用された。 「魔法のピタゴラメーク」は、玉城が演じる地味で内気な少女が、祖母の家の書斎で、魔法の書「Majolica Majorca」を偶然発見したことから始まる物語。彼女が開いた本のページの中でひらひら舞い落ちた一枚の羽をきっかけに、「マジョリカ マジョルカ」の全商品(117 アイテム)を複雑に組み合わせて作られたピタゴラ装置が作動。その装置が進行するにつれて、化粧下地、アイライナー、マスカラ、チーク、リップといったメークアイテムが手順を追って登場し、最初は地味だった玉城が、「マジョリカ マジョルカ」の魔法にかかって美しい姿に変身していく様子が、幻想的かつチャーミングな世界観とともに描かれている。最初はすっぴんにメガネ、服装も地味な少女として登場する玉城の“ビフォーアフター”は必見だ。 ピタゴラ装置には、フクロウやハリネズミといったユニークな動物も登場。「マジョリカ マジョルカ」らしい、おとぎ話に迷い込んだような独自の世界観を演出している。 撮影に当たり、玉城からスタッフに対して、「ハリネズミの撮影は大変かもしれません」というアドバイス(?)があったという。実はハリネズミを自宅で飼っている玉城。本番は玉城の予想通り、ハリネズミがなかなか意図したように動いてくれず、NG になる場面が何度もあったが、制作チーム一丸となって根気強くトライし、ようやくOK が出ると、最後はハリネズミの頑張りに現場から温かい拍手が沸き起こったという。 また、白いフクロウが突然羽ばたくシーンの撮影前には、「賢そうな顔してますね」とフクロウの体をやさしくなで、スキンシップを図っていた玉城。撮影後は再びフクロウに対して「お疲れさま!」と声をかけてねぎらい、笑顔で記念撮影をする場面が見られたそうだ。 キッチンでかき混ぜていた鍋から突然煙が上がり、一瞬にして玉城のヘアスタイルがチェンジするシーンでは、驚く仕草がとってもチャーミングで、見事一発OK。さらに、天井から落ちてきた羽をつかみ取って、楽しそうにくるっと一回転してみせるアクションは、監督の「かわいらしいポーズで!」という指示に、玉城がアドリブで応えたもので、場面ごとにさまざまな表情、仕草を見せる彼女のチャーミングな芝居がとても印象的だ。 さらに、動画の幻想的な世界観を引き立てるのは、フランス語のオペラ『カルメン』に日本語の歌詞をあてた楽曲。ドイツ人女性が歌うこの歌詞には、実はかわいいを引き出すメークの秘訣が歌われている。その他、玉城のつくった「マジョリ画」もこっそり登場するなど、見どころ満載のこちら動画、チェックしてみてはいかがだろうか。 <玉城ティナ インタビュー> (撮影の感想は?) 最初、絵コンテを見た時はどんな撮影になるのか想像できなかったんですけど、スタジオに入って、実際にピタゴラ装置を見てからすごくイメージが湧きました。フクロウやハリネズミとの共演もあって、とても楽しかったです。 (撮影中に苦労したこと、難しかったことは?) 一番苦労したのは、虫眼鏡の観覧車のカットです。回転するごとに、メークが仕上がっていくシーンなんですけど、目の位置と虫眼鏡の微妙な角度を合わせるところが難しくて。でも、監督から「もうちょっと下」とか、的確な指示をいただいて、何とか成功しました。 (ズバリ、今回の動画の見どころは?) 実は「マジョリカ マジョルカ」の全アイテムが登場しているんですけど、それをまず探してほしいです!独特の空気感や世界観が詰まっているので、そこにも注目してほしいですね。 (玉城さんのお気に入りのシーンは?) キッチンでお鍋を混ぜているのは、マジョっぽさが出ていて、すごくかわいいシーンでした。 (動画をご覧になる方へメッセージをお願いします。) 「マジョリカ マジョルカ」のかわいいメーキャップアイテムを使用したピタゴラ装置と、そこで変わっていく私のメークのビフォーアフターに注目してほしいです。この動画を見ると、女の子でよかったなあ、メークって楽しいなあ、と感じていただけると思います!