miwa母校の学園祭に初出演 5000人が熱狂
miwaが自分の母校である慶應義塾大学の日吉校舎で開催された“第58回三田祭前夜祭”に初出演し、自身の後輩にあたる在校生を中心とした約5000人の前で約2時間のステージで盛り上がった。 同イベントは毎年著名なアーティストを厳選して開催される学園祭の名物。過去井上陽水、小田和正、MISIA、AKB48等が出演、2015年はコブクロの出演が話題となった。 「ただいま~」「おかえり~」というmiwaと観客の掛けあいと大きな拍手で始まったこのステージは、慶応大卒業生としては初めて。念願の母校での凱旋ライブが叶い、miwaにとって感動もひとしおとなるライブとなった。事前に学生からリクエストを募って考えたセットリストは、タオルまわしで一体感溢れる曲から感涙のバラードまで連なり、miwaのライブを初めて観た観客の心も惹きつける内容となった。 この日吉校舎に通学していた大学1年の3月にメジャーデビューし、学生とアーティストの“二足のわらじ”を続けていた頃の苦労話や、OGならではのあるある話。実は入学した時に勧誘されてテニスサークルに入ったのにレコード会社のスタッフに「デビューする気あるの?」と怒られ1カ月で辞めた話等貴重な裏話を披露し、在校生の笑いを誘っていた。 またNHK紅白歌合戦でも歌った『fighting-φ-girls』では慶應義塾大学チアリーダーズ“UNICORNS”のメンバー約30名が登場、天井に届くかのようなアクロバティックなパフォーマンスを繰り広げ観客を沸かせた。2016年のNコン課題曲『結 -ゆい-』を歌う前には在校生に真摯で熱いメッセージを伝え、“先輩”としての顔を見せた。 アンコールでは自身が日吉校舎に通っている時に悩みながら書いたデビューシングル『don’t cry anymore』を弾き語り、 ラストでは学生からプレゼントされた特製の法被を着て『君に出会えたらから』を披露した。 現在miwaは、初の主演映画“君と100回目の恋”の公開を2017年2月に控え、自身がパーソナリティを務める番組“オン・マイ・ウェイ”のシーズン2もスタート。制作に取材に多忙な毎日を送っている。年末の音楽番組や音楽フェスの出演なども含め幅広い活動と併せて今後に注目したい。