柏木由紀「B-LEAGUE」試合のハーフタイムショー出演で観客大盛り上がり
AKB48チームB、NGT48チームNIIIを兼任する”ゆきりん”こと柏木由紀が、11月5日に横浜国際プールにて行われた、”B-LEAGUE”プロバスケットボールリーグの横浜ビー・コルセアーズ vs 川崎ブレイブサンダースのハーフタイムショーに出演し、3,500人のバスケットファンの前で3曲を熱唱し、応援に花をそえた。 ソロで数々の大舞台のコンサートを行い、先日も初の全国ツアーを終了した柏木だが、スポーツイベントのソロ歌唱は初めてという事もあり、本人も緊張の中、AKB48 曲の『前しか向かねえ』で名刺代わりの1曲に会場のバスケファンも一緒に盛り上がり、朝ドラの主題歌にもなった『365日の紙飛行機』では、見ているファンもつい口ずさんで一緒に柏木と歌うシーンが見受けられるなど、AKB48の大ヒットソングに会場のボルテージもMAXに。 クライマックスには、最新曲『miss you』を歌唱。この曲は今月23日にリリースする柏木由紀 1st LIVE TOUR「~寝ても覚めてもゆきりんワールド日本縦断みーんな夢中にさせちゃうぞっ?~」のDVD特典として、本人作詞で作られた新曲が初歌唱となり、初めて歌ったようには見えないほど、会場と一体となりハーフタイムを盛り上げた。「それでは後半戦、逆転を期待して、みんなで盛り上がって応援していきましょう!」と地元横浜ビー・コルセアーズのファンからも拍手喝采の中、両チームの選手も見惚れるほど抜群の歌唱力で柏木の魅力を存分に見せてくれたライブになった。 11月6日も学習院大学学園祭にTOKYOFMのラジオ特番に出演するなど、今後のソロ柏木由紀にも注目が集まりそうだ。