「ニコニコ超パーティー2016」に15000人が熱狂
11月3日、文化の日にさいたまスーパーアリーナで開催された「ニコニコ超パーティー2016」。 ニコニコ最大のライブイベントとして、歌ってみた、踊ってみた、演奏してみた、ボカロ、コスプレ、DJといった各カテゴリのアーティストらに加え、実力派メジャーミュージシャンも多く参加という例年大注目の刺激的な空間。さらに、今年はゲーム実況までもが合流ということで、その内容には更に大きな注目が集まった。 どれも想像の斜め上を行くステージとなっており、中には100円ショップのギターで1万5000人の観客を魅了する者もいれば、スト2ダルシムのコスプレでリアル「ヨガフレイム」として火を吐く者など。そして、このライブステージの「ラスボス」として降臨した小林幸子のパフォーマンスにはこの日一番の歓声が。 ド派手な移動舞台とともに花魁姿の小林幸子が登場…。という驚きも束の間、この移動舞台は「第一形態」にすぎず、そのまま「第二形態」の巨大獅子舞に変怪!すると、その巨大獅子舞に小林幸子が飲み込まれるということで安否が気遣われたのだが…。獅子舞の脳天から小林幸子が飛び出し乗るというまさかの「最終形態」を披露し会場のボルテージは最高潮に。『エイリアンエイリアン』の歌詞を幸子バージョンにアレンジし、動画投稿されたばかりの完全新曲『サチコサンサチコサン』も初披露され大きな歓声を浴びた。 これだけでも十分にカオスな内容となっているのだが、今回の超パはまだまだ終わらない。 ゲーム実況エリアでは観客やニコ生視聴者の約75%が「倒せない」と判断したドラクエXの強敵キングヒドラに、踊り子で立ち向かうという無謀なバトルが開始されると、大方の予想に反しあっさりと踊り子がキングヒドラに勝利してしまうといったスーパープレイが誕生するなど観客は熱狂。 このような息もつかせぬ8時間にわたるニコニコ超パーティー2016は、国内最高峰の実力を誇る陸上自衛隊中央音楽隊による圧巻のパフォーマンスで締めくくり。最終的にはステージに客席、ニコ生視聴者が一体となり、ビシっと敬礼で幕を閉じるという大団円を迎えた。 なお、ライブ中継をした本放送は12月3日(土)23:59まで、ネットチケットを購入して視聴することができる。