瀧川ありさリリイベに真野恵里菜登場 双子ダンスにファン熱狂
伝説のスカウトが惚れたグロッシーヴォイスと風景が見えるような歌詞世界が人気のシンガーソングライター瀧川ありさ。 「第30回 日本ゴールドディスク大賞 新人賞」受賞、着うた(R)ランキング3作連続1位を獲得、恵比寿リキッドルームを含む全国ワンマンライブツアーのチケットがSOLD OUTするなど、昨年3月のデビュー以来、快進撃を続けている。 人気TVアニメ「七つの大罪」エンディング曲『Season』『色褪せない瞳』、さらに「終物語」エンディング曲『さよならのゆくえ』などスマッシュヒットを記録したシングルを収録した1stアルバム『at film.』を11月2日にリリース。『at film.』リリースを記念して全国8か所にてリリースイベントツアーを開催。そのツアー初日となった11月2日(水)にラゾーナ川崎プラザにて行われたリリースイベントに、現在TBSテレビにて放送中の話題ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にも出演するなど女優として活躍中の真野恵里菜がリリース瀧川のイニシャルの“at”の花束を持ってお祝いに駆け付けた。 雑誌の対談をきっかけに出会い、同じ1991年生まれの同い年ということもあり、すっかり意気投合した二人。プライベートで一緒に遊園地へ遊びに行くなど親睦を深めてきた。「生まれた年も一緒、身長も一緒(笑)」とトークするなど大の仲良しな二人は、トークショーのスペシャル企画として“双子ダンス”も披露。このダンスは、真野のこれまでの楽曲の振付を組み合わせたもので、以前から真野の大ファンだったという瀧川が考えたもの。瀧川の『Summer of Love』という楽曲に乗せて軽快に踊る息がぴったりな二人のダンスに、会場に集まったファン約500人が大きく沸いた。 瀧川はこのあとも全国各地でリリースイベントを開催するとのことなので、ぜひ足を運んでほしい。さらに、1stアルバム『at film.』を引っ提げ、全国ワンマンライブツアーの開催も決定。チケットは今回は東名阪に加えて、初の福岡でのワンマンライブも決定となっている。1stアルバム『at film.』には、CD購入者限定のワンマンライブツアーチケット先行予約のチラシが封入されているとのことなので、ぜひチェックしてほしい。