小倉智昭も絶賛「泣き歌の貴公子」林部智史に心震える
“泣き歌の貴公子”として、デビューシングル『あいたい』がロングセールスを続けている林部智史が、11月3日(木・祝)のフジテレビ系「とくダネ!」に生出演し、“いま最も泣ける歌”で話題の『あいたい』を熱唱した。 番組冒頭での挨拶で、司会の小倉智昭が共演者に林部智史の話をするなど、番組冒頭から小倉の期待の高さが伺え、「初めて聴いた時はうるっとした」と紹介した。番組が進行した9時15分頃、林部の紹介VTRが始まり、林部のコンサートでは良く見られる涙を流している観客の映像や10月に放送された「THEカラオケ★バトル」での年間チャンピオンを獲得したシーンなどが流れ、林部は「菊川さんに泣いて頂けたら最高ですね!」と意気込みを語っていた。 残念ながら菊川 怜を号泣させられなかったが、サブMCの梅津弥英子アナウンサーの目にはうっすら涙が浮かんでいたようにも見えた。歌唱後、MC陣とのインタビューの中で「みなさん一人一人にあいたい人、あえない人の想いを馳せられるよう作詞をした」と曲についての想い語り、小倉から「地声とファルセットの切り替わる所をスッと歌える歌手はなかなかいない」と大絶賛されていた。 祝日のこの日、番組終了後には最新-急上昇ワードでは林部智史が17位に上昇し、Twitterのコメントには「家事をしている手が止まって思わず聴き入ってしまった」「朝からうるうるきちゃった」など、多数の反響が見受けられた。11月17日(木)よる7時から放送される「ベストヒット歌謡祭2016」の出演も発表され、2016年を代表する “泣き歌” として、ますます多くの人の心を震わせ続けている林部智史から目が離せない。