乃木坂46 16thシングル アンダーメンバー曲とユニット曲MVを解禁
11/9(水)に発売日を迎える16thシングル『サヨナラの意味』(CD+DVD)盤Type-Bに収録される『ブランコ』と、Type-Dに収録される『君に贈る花がない』のMusic Videoが遂に公開となった。 16thシングルのアンダーメンバー楽曲『ブランコ』。10月上旬に神奈川県横須賀市で撮影されたこのMusic Videoは、センターを務める寺田蘭世を中心に、アンダーメンバーが全員で何かを探しに冒険に出ているストーリー。さらには極力カット数を減らした編集で、普遍的な映像に仕上がっている。当日はなぜか30度近くまで気温が上がり、暑い中、オーバーオールにポンチョという暖かい衣装で汗をかきながら撮影を行なったというエピソードも。「THE LAST ?NARUTO THE MOVIE-」「Prologue for THE LAST」のオープニングムービーや、We are REDS! THE MOVIE -minna minna minna-などを手掛け、乃木坂46では様々な個人PVの他に『白米様』Music Videoの指揮を執った伊藤衆人が手掛けた所にも注目したい。 そして16thシングルに収録された通称“サンクエトワール”(ユニット名)楽曲『君に贈る花がない』。10月上旬に神奈川県のスタジオで撮影されたこのMusic Videoは、ユニット名「サンクエトワール」のキャッチフレーズ“あなたに一番近い星”をヒントに、名前の意味でもある「5つ星」という事を最大限に生かして、とにかく光る!輝く!をテーマにしたパフォーマンスメインのMusic Videoとなった。「光の具合を変えながら歌う、踊る」という事で、全編を通じて30回ほどフルでダンスを行なったという力作。またこのMusic Videoだけに制作したプロジェクトマッピングを用意。その凄さにメンバー全員が脱帽し、感動した中で撮影されたそうだ。「BUMP OF CHICKEN」など数多くのMusic Videoを手掛け、2016年「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST VIDEO DIRECTOR賞」を受賞。乃木坂46のMusic Videoを手掛けるのは初となった東市篤憲が手掛けた所にも大注目だ。