山本彩ソロツアー初日で感極まる瞬間も「愛を返せるよう」
NMB48不動のセンターとして活躍する山本彩が自身初となるソロツアーをスタートさせた。 ツアーは11月2日(水)のZepp Nagoyaを皮切りに東京・北海道・大阪と4箇所5公演をまわるZeppツアーとなり、チケットは全箇所完売。初日となる名古屋にも1800人が集結した。 ライブは、10月にリリースしたばかりの1stアルバム『Rainbow』を中心に、NMB48の曲などを含めて14曲+アンコール3曲。 ロックサウンドでコブシを上げ、時にしっとりと歌い上げ、NMB48のセンターとして今まで見せてきた顔とはまた違う、様々な表情をみせる山本彩。ギター、ベース、ドラム、キーボード、バイオリンの5人のバンドメンバーとともに、約2時間のライブを歌いきった。 途中、感極まる瞬間もあったが、「皆さんからもらった愛を返せるよう、ライブハウスツアーを完走したいと思います!」と絶叫し「ありがとうございました!!」と何度もフロアにお礼を言いながら初ソロライブツアーの初日を締めくくった。 (C)Sayaka Yamamoto