「エロ過ぎるハロウィンコス」をジャズピアニスト高木里代子が披露
「エロ過ぎるジャズ・ピアニスト」として各メディアに引っ張りだこの高木里代子がハロウィンコスプレでファンを魅了した。 2015年のハロウィンはアニメ「うる星やつら」のラムちゃんを始め、ティンカーベルやバニーガールなどの露出の高いコスプレを披露。そして、もちろん今年もセクシーコスプレで喜ばせてくれることに。 今年は誰ともコスプレの格好が被らないようにオリジナルの衣装を用意。本人曰く「セーラームーンのチビうさ!と、セクシーバニーガール!と、ワンピースのしらほし姫!!の、3MIX(笑) 全部やってみたかったキャラなのだけど、衣装も色々バラバラで仕入れたり、持ってるの合わせたりしつつ、架空のキャラ(笑)だけど、なかなかのクオリティに仕上がったかな!」と言う。 そのセクシーコスプレの格好でイベント参加し、ダンサーではないのに、ステージで踊りまくった高木里代子。 「まぁ~~なんでも、パリピが集まれば、(笑)何か面白いことが出来るし感覚が広がって楽しいよね!!」と自身の見事なパーティーピーポーっぷりも披露した。