アルスマグナ×宮澤佐江のコラボにファン歓喜
2.5次元コスプレダンスユニット・アルスマグナが1日、サンシャインシティ噴水広場(東京・池袋)で7thシングル『気分上々↑↑feat.SAE TOKIMIYA』リリース記念イベントを行った。 イベントには2.5次元キャラ“朱鷺宮佐江”(トキミヤサエ)に扮した元AKB48の宮澤佐江も登場し、会場に集まった1,000人のファンの前で息のあったパフォーマンスを披露した。 イベントではバスケットボール部部長の朱鷺宮佐江と榊原タツキとのフリースロー3本勝負が行われ、1対1のドローの末、アルスマグナメンバー総力戦となった延長で他のメンバーが失敗する中、最後に登場した朴ウィトが華麗にゴールを決め、会場が大いに盛り上がった。勝負の罰ゲームでは榊原タツキがピコ太郎のPPAPを披露した。 新曲『気分上々↑↑feat.SAE TOKIMIYA』は2006年のmihimaruGTのヒット曲『気分上々↑↑』のカヴァー曲。ゴリゴリのダンスアレンジしたこの新曲は、ボーイッシュなイメージでダンスの評価が高い宮澤佐江とアルスマグナのキレキレダンスが話題となっている。イベントでは同曲の他、『世紀末スクールウォーズ』、『大切なセツナ』を披露。会場に集まったファンは「アルスマグナをみているだけで気分上々↑↑になります」(10代女性)、「最近暗いニュースが多いけどこのパフォーマンスを見て元気がもらえた」(20代女性)、一様に笑顔を見せた。 メンバーの神生アキラは「音楽は身近にあって自分たちを温めてくれる存在だと思うんです。僕らのパフォーマンスでみなさんがそのような気持ちになってくれたら嬉しいです。これからもアルスマグナをよろしくお願いします。」と力強い一言でイベントを締めくくった。