篠崎愛「口の悪い女」から一転「良い子」なアートワーク公開
ソロ歌手として2015年より活動を展開し、今年2016年8月にメジャー・デビューを果たした篠崎愛が12/7に発売するニューシングル『TRUE LOVE』のアートワークと収録楽曲を解禁した。 メジャー・デビューシングル『口の悪い女』での攻撃的なキャラクター&楽曲により打ち出された”強い女”像とは真逆の、”良い子”な篠崎愛が表現された楽曲&アートワークとなっている。収録内容に関しては、ソロ歌手としての活動史上初の試みとして形態毎に異なった楽曲を収録。読売テレビ・日本テレビ系アニメ「タイムボカン24」のエンディングテーマとなっている表題曲『TRUE LOVE』を始めとして、どの楽曲も”兎に角可愛い” ”純情可憐な/いじらしい恋心”をテーマとしている。 アートワークに関しても、前作と打って変わったドリーミーなイメージで作られており、初回生産限定盤は豪華なトールサイズケース仕様に。また、期間生産限定盤は、エンディングテーマを務める「タイムボカン24」のアニメ描き下ろしジャケットとなっている。 このニューシングルの発売を記念した発売前のリリースイベント(フリーライブ&特典会)は各地で実施されることが発表されており、ニューシングルに収録される楽曲達は、このイベントで順次披露されていく予定である。更に、前作時に大好評であったforTUNE musicでの予約購入者限定プレミアムイベントも実施が決定。今回は、篠崎愛オフィシャルファンクラブ会員限定の取り組みもありとのことなので是非チェックしたい。