アプガ佐保明梨が黒帯を獲得、日本武道館公演へ向け
11月8日(火)に初の日本武道館単独公演「アップアップガールズ(仮) 日本武道館超決戦vol.1」を開催する7 人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)の佐保明梨が、10月30日、空手の初段を取得し、黒帯アイドルとなった。 佐保は、小学3年生の頃から中学生まで空手を習い、茶帯までは取得。現在、アップアップガールズ(仮)メンバーとなってからは、ステージで歌やダンスだけでなく、板割り、瓦割り、バット折り、バット2 本折りなどを披露し、空手家として、アプガの破壊王として、アイドル界で異端な存在感を放ってきた。 そんな佐保は、初の日本武道館公演で、念願だった氷柱割りに挑戦することが決定。記念すべき武道館に、黒帯を締めて立ちたいという強い気持ちから、強豪空手部に出稽古に行くなど特訓を重ね、昇段審査をむかえた。 ライブとは違う緊張感からいつも以上に真剣な眼差しの佐保は、審査員の前で、中段突き、中段手刀受け、中段前蹴り、上段回し蹴りなどの型を披露。また対戦相手と防具をつけて、実戦さながらの組手の審査も行われた。 厳正な審査の上、東京オリンピックに採用される、JOC 加盟、全日本空手道連盟・日本空手道研修会から初段認定。威厳のある黒帯を、武道館前に見事獲得した。 佐保は、「うれしいです。メンバーもファンの方も、がんばってねって応援してくれてたので、いい報告ができます。合格を発表を聞いた瞬間は、まずびっくりしたのと、ニヤけてしまいそうでした。でも、空手だからちゃんとしなきゃって、笑いは抑えました。でも心の中ではうれしくて喜びの笑顔でしたね。これで晴れて、黒帯を締めて、武道館で念願の氷柱割りができます。今回、初段をいただけて、空手が改めて楽しいなと思ったし、これからも続けたいなって気持ちが強くなりました。どんどん上を目指して行きたいので、ここで満足せず、行けるところまで行きたいです。今回『日本 武道館超決戦 vol.1』なので、『vol.2』のときは、二段を目指します。武道館の回数が上がるとともに段を上げて行きたいです。いつかは空手の大会に出たいです。4 年後の東京オリンピックでは、空手が新たに種目に加わるので、精進を重ねてぜひ出場したいです!」と熱く語った。