片岡沙耶セルフプロデュース写真集 自作水着でも「下乳」忘れず
「下乳天使」と呼ばれ、ビキニからはみ出る”下乳”のキレイさではグラビア界随一との誉れ高い”さやぼー”ことグラビアアイドルの片岡沙耶が、セカンド写真集『material.』(KADOKAWA)を発売した。 今回の写真集では、すべて自分で考え製作した衣装や水着を着用、完全にということで話題を呼んでいる。片岡、実は、文化服装学院ニットデザイン科を卒業しており、洋服や水着を作る被服系に関しては、もっとも得意とするところなのだ。 撮影は6月にタイのサムイ島で行われて、完全に旅行気分で楽しみながら撮影に挑んだそうだ。お気に入りのカットを聞いてみると、「前回の写真集では、色が暗めの衣装が多くて、素朴な感じだったんですよ。今回はそれと対比したくて、どちらかというと色の濃い水着を着用しました。いま着ている衣装がそうですね」と説明した。なるほど、囲み取材で着てきた水着は、色数が多い鮮やかで、華やかな印象のビキニ。果物なども多種描かれていてトロピカル。帽子もストローハットで、つばに花がいっぱい付いていて明るくて可愛い。 自分で作りつつもセクシーで攻めている水着も多いと話す片岡。「眼帯水着ですね。この水着を良く見ると網になっているんですよ。布では無くて糸で、自分で編んで作ったんですよ。かなり特殊な水着に仕上がっています。素材がニットなので、かなり透けるんですよ。裏に肌色の布を貼っていますけど、透けているように見えるので、見ている人がワクワクできる。そこがこの衣装のポイントです。もちろん下乳も出していますよ」とチャームポイントのアピールも忘れていない。 初めてセルフプロデュース写真集を手掛けをてみて難しさも感じ、反省点も多くあるそうだ。「こうやって水着を作るのは初めてでしたけど、全体的に伸びる素材を使っているので、色々な計算していても着てみるとちょっと違ったりするところもありました。ビキニとかで走っている時にポロっと出ちゃったりもしちゃいました(笑)。セルフプロデュースならではの失敗ですかね」と語った。 さらに今後は新たな展開として「自分でなく別の人をプロデュースしてみたいです。水着もなんですけど、洋服も作れるので、幅広くグラビアアイドルさんに限らず、色々な女の子の衣装をプロデュースしたいと思っています」とアピールした。 今後片岡沙耶トータルプロデュースによる、新星グラビアアイドルの誕生があるかもしれない。大いに期待したいし、片岡自身、誰もが釘付けの”下乳”だけでなく、ハリのあるGカップ美乳に右胸のホクロもチャーミング。これからも飛びっきり元気な笑顔でグラビア界を照らし続けてほしい。