渡辺麻友「プリン尻多めに撮りました」5年ぶり写真集

が約5年ぶりとなる写真集「知らないうちに」(講談社)を10月25日に発売した。

2011年に発売された写真集「まゆゆ」では衝撃の表紙が話題となったが、あれから5年、22歳になった今作でも王道アイドル・まゆゆのイメージを”いい意味”で裏切るような、初めてのランジェリー姿やほろ酔い姿も披露、これまで見せたことのない新たな一面を見せた「知らないうちにオトナになったまゆゆ」が堪能できる一冊だ。

この程写真集「知らないうちに」刊行記念の握手会が都内で開かれ、囲み取材に応じた渡辺は完成した写真集に関して「いつもはキメキメの笑顔100%アイドル全開みたいな形でやってたんですけど、今回はそれをまったく無くして体に力を入れず自然体の姿を写したかったので、”知らないうち”に不意に撮られたの多いです」と話した。さらに「プールでの撮影が有りまして、私全く泳げないのでフロートの上なら大丈夫ということで、テンション上がって”イエーイ!”って言ってたら…あ!ヤバい!この時完全に”死”を覚悟しました」と段々体制を崩してプールに落ちて溺れてしまうさまを、フリップにまとめて次々に見せて行く、見事な”フリップ芸”を披露。「写真集の最初のページのカットは、その溺れた直後の笑顔です。これがお気に入りです」とオチも付け、報道陣を笑いの渦に巻き込んだ。

IMG_7310

渡辺のキュートなおしりは”プリン尻”と呼ばれて寵愛されていることについては「前までは、けっこうデカいので、あんまり好きじゃなくてコンプレックスに感じていたんですけど、今では私の体で唯一のチャームポイントです」と笑顔。「今回の写真集でも”プリン尻多め”で撮りました」とはにかんだ。

女性としても尊敬してやまない先輩メンバーの小嶋陽菜からは早速LINEが来たそうで「普段LINEを頻繁にしないので、”なんかやっちゃったかな?”思ったんですけど、「すごい良かった」って褒めていただいて嬉しかったです。今回は男性だけではなくって女性にも見ていただきたかったので”こじはる”さんにそう言って頂けて良かったです」と嬉しそうだった。

今までは”アイドル”として常に完璧でいなきゃという意識が強かったという。今回の作品では”アイドル”というフィルターが掛かった”まゆゆ”ではなく、”人間”が撮れたことで、一歩前に進めた気がすると応えた渡辺。「ひと皮どころではない、自分自身としても大きく成長できました。どちらの自分も好きになってもらえれば」と語った。