島崎遥香、AKB48ラストシングルに「遠藤憲一さんが数秒しか映らない」驚き
11月16日(水)発売となるAKB48 46thシングル『ハイテンション』のミュージックビデオが完成した。 『ハイテンション』は、12月31日をもってAKB48としての活動を終了する島崎遥香のラストシングル、ラストセンター曲となる。「塩対応」として有名になってしまった島崎とは真逆のテンションアゲアゲソング。島崎の「指パッチン」を合図にメンバー、そしてエキストラが「ええじゃ ないか」とばかりに踊りまくる。 かつては「ポンコツ」と呼ばれた島崎遥香。「じゃんけん大会 2012」優勝や、選抜総選挙を経て、現在はAKB48の顔と言える存在となった彼女のラストシングル。学校や企業など約1400人のエキストラ、そしてゲスト出演者にはAKB48のMV二度目の出演となる田原総一朗(『希望的リフレイン Music Video -Live Ver.-』)、まさかの遠藤憲一、イチロー選手のものまね芸人ニッチロー、そしてPepperも出演。シチュエーションもロボットレストランや商店街、結婚式、そして船上パーティーとバラエティ豊かな内容となっている。 【島崎遥香コメント】 「完成したMVを見て、AKB48がこんなにもノリノリで気持ちがアガッている姿を見せるのは初めてなのではないかと思いました。何より私が1番驚いたのは遠藤憲一さんが出演して下さっていたことです。メンバー以外に出演して下さる方がいるとは夢にも思っていなかったので、遠藤憲一さんが数秒しか映らないこんな贅沢なMVなんて!!と驚きました。そして、私が大好きな Pepper くんも踊ってくれていたことが嬉しかったです。私自身、いろいろビックリのサプライズMVでした! 撮影中楽しかったことと言えば、ロボットレストランのシーンで、エキストラとして色んな国の方達が集まって下さっていたのですが、 撮影の合間に英語を教えていただいたことですね。 大変だったシーンはあまりありませんが、船上でのシーンは船酔いで辛かったです。」 写真(C)AKS