日本初の町工場レーベル 機械たちの美しき音と映像を作品化
10/24(月)、日本で初めての町工場レーベル化プロジェクト、「INDUSTRIAL JP」が始動された。 INDUSTRIAL JPは、日本で初めての町工場レーベル化プロジェクトで、主役は、日本のテクノロジーを支える高い技術力を持った町工場だ。その美しく、緻密な製造過程から生み出される音と映像を、気鋭のトラックメーカーがリミックスし、作品化していく。最先端のテクノロジーとミュージックがシンクロする快感をぜひ体感してみよう。 工場を録音・録画した素材は、世界を股にかけて活躍する日本のDJ・トラックメイカーたちのもとへ。DJ TASAKA、Dorian、Gonno、Sountrive、Cherryboy Function、Inner Scienceという個性的なアーティストが、素材からのインスピレーションを元に、それぞれのスタイルで楽曲制作を行っている。マスタリングは、得能直也が担当。また、工場素材のフィールドレコーディングおよび制作ディレクションを、DJ Moodmanが担当。このプロジェクトをサポートしている。 10月26日(水)21:00からはインターネットの生放送番組であるDOMMUNE にて本レーベルが出演。小松ばね工業社長、浅井製作所社長へのインタビューや、楽曲を制作したDJ陣によるパフォーマンスを実施する予定だ。 <設立経緯についてレーベルからのコメント> 日本各地に点在する町工場、その中で現在も動き続けるアナログな工作機械たち。工場内では、それら機械の動作音が一定のリズムを刻み続けています。その動きその音に、心の底から惚れ込んでしまった私たちは工場内に響き渡る動作音をフィールドレコーディング・再編集し楽曲化しました。加えて機械の動きを映像におさめ楽曲と組み合わせることでミュージックビデオに仕上げています。 制作する過程で各工場の方々にお話を伺っていくにつれて、町工場の高い技術力とそれにより生み出される最先端の製作物に驚かされる一方で、グローバル化に端を発する国内産業縮小の影響を強く感じています。日本の町工場の高い技術力を絶やさぬよう、彼らの魅力を発信し、国内の製造業を盛り上げる一助になりたい。そう思った私たちは、単なるミュージックビデオの制作だけにとどまらず、有志でレーベルを設立して活動することに致しました。日本の工場を素材に、純粋な音と映像の美しさを表現するとともに、工場の技術力を発信していきます。