海老蔵、寺島しのぶ22年ぶりの共演はリリー・フランキーの新解釈「座頭市」
2015年2月3日、東京EXシアター六本木で「六本木歌舞伎」の幕が上がり、注目の演目は「地球投五郎宇宙荒事」となった。市川海老蔵と中村獅童の歌舞伎への熱い想いから始まった宇宙規模の新作歌舞伎は、脚本に人気脚本家の宮藤官九郎、演出を歌舞伎初挑戦となる鬼才・三池崇史が参戦。超多忙な四人が奇跡的に集まり、見事な化学反応を起こし、公演は連日満員の大盛況のまま千秋楽で幕を閉じた。 そして、第2弾として三池が一度舞台で演出をしている演目「座頭市」が候補に。海老蔵の代名詞とも言える眼力を封印したら面白い、という意見も加わり、脚本は超売れっ子マルチタレントのリリー・フランキーに。リリー・フランキーが描きだした新解釈の「座頭市」を、三池演出がどう色付けするのか注目が集まる。 また、出演は三池からの熱望により、舞台についても熟知している寺島しのぶ。歌舞伎界を牽引する海老蔵と、日本を代表する女優 寺島しのぶ、平成7年の新派特別公演以来22年ぶりの強力タッグが実現する。 【市川海老蔵 コメント】 「三池監督とは映画で以前からご一緒させていただいておりますが、二年前の六本木歌舞伎で初めて歌舞伎公演での演出もして頂き、私自身、新鮮な気持ちで取り組ませていただきました。今回テーマの座頭市は、勘三郎さんが勝新太郎さんと座頭市についてお話されたことを教えてくださり、その印象が強烈だったのでいつか自分もしてみたいと思っていました。そして、今回初めてご一緒させて頂きますが、脚本はリリー・フランキーさん。どのような変化球が来くるのか楽しみです。こちらも準備をしておかないと、と思っています。そして、何と言っても幼馴染みのしのぶさんが六本木歌舞伎に参加してくださり、共演出来る喜びがとても大きいです。私も精一杯勤めさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。」 【寺島しのぶ コメント】 「リリーさんが書いて三池さんが作り海老蔵さんと久しぶりにお芝居できることを楽しみにしております。リリーさんにはリリータイムがあっていつ台本が出来上がってくるのかスリルにあふれていますが当て書きをしてくださるとのことなので楽しみです。みんなでいろんな知恵を振り絞って最高のエンターテイメントにしたいと思います。」 【リリー・フランキーコメント】 「市川海老蔵の座頭市。演出、三池崇史。六本木歌舞伎。そして、寺島しのぶ。こんな傾きまくった歌舞伎がおもしろくないはずがない。まだ、脚本を書いていない私が思うのだから、間違いない。」 【三池崇史コメント】 「歌舞伎の超人たちと六本木で暴れることになろうとは…。しかも『座頭市』。心して臨みます。楽しみにお待ち下さい。」