杉原杏璃 カープ日本一公約「グラドルならではの何か」期待膨らむ
来春自伝的小説が、自らの主演で映画化されるなど、グラビアのみならずマルチに活躍中の杉原杏璃が、トレーディングカード『杉原杏璃~ファイナル~』(ビッツ)を発売した。 今回発売されたトレーディングカードは7作目となり、これで最後の発売となる。「本当に長い期間をかけて7作を作ってきまして、今回が集大成なので色々な思いを込めて作りました。来年も再来年も作りたいところなのですが、どこかで区切りをつけなければと思いまして、今までで一番の内容を詰め込んでみたので、皆さんも納得してくれるのかと思っています」とアピールした。 地元広島県で撮影された今作は、プライベートが垣間見れる内容。「自宅でも撮影したんですよ。スタッフさんたちが家に来て、自分のベッドで撮影するのは不思議な感じがしました。やはり非日常的だったので恥ずかしかったです」と明かした。 熱狂的な広島カープファンとして知られる杉原だが、イベントの開催日と日本シリーズ初戦が同じ日という偶然に「今年は1年を通してすごく調子が良く、”持っているチーム”だと思いますので、何の迷いも無く優勝してくれると思います。広島には観に行けないですけど、25日の第4戦の札幌には観戦に行く予定ですと意気込んだ。 ここで当然ファンが期待するのが”もし広島カープが日本一になったら”という公約だ。期待を持って聞いてみると「グラビアアイドルならではの何かをしたいと思っています。これは本当に広島カープファンの協力が無いと作れないモノなので、しっかり出来上がるか不安ですけど、楽しみにして下さい」と期待を裏切らない杉原の発言に、カープファンのみならず、杏璃ファン、グラビアファンまでもが、その日が来るのを楽しみに待っている。果たして杉原は勝利の女神になれるのだろうか?