朝比奈彩 セクシー境界線越えの写真集「私 覚悟しました」
Ray専属モデル・タレントとしても活躍中の朝比奈彩のファースト写真集『彩だらけ』(主婦の友社)が10月28日(金)に発売される。 肌を露出したカットが多いグラビアモデル界では、水着カットと下着カットの間に大きなハードルがある。隠れている部分は同じとはいえ、水着カットでは抵抗を示さなくとも下着カットはNGというモデルが数多くいる。 今回、「私、覚悟しました」と撮影中に決意を固め下着カットに挑んだのが、朝比奈彩。清楚感と女の子らしさがテーマのファッション誌『Ray』専属モデルを務め、週刊誌グラビアやバラエティ番組などでも活躍の幅を広げている、今、注目のモデルだ。 見事な9等身で、2015年に三愛水着楽園のキャンペーンガールにも抜擢されている朝比奈は、グラビアやイベントで幾度となく水着姿を披露しているが、下着カット撮影には葛藤があったという。担当編集によると、撮影前のメイクルームでは隠せない緊張と動揺が伝わるほどだったという。しかし突然、「私、覚悟しました」と断言。カメラの前に向かい、自ら「こういうのどうですか?」と提案し、大胆なポーズにも挑戦したそう。今回の撮影スタッフはファッションモデルとしての朝比奈をよく知る雑誌『Ray』のチーム。よく知るスタッフ、そしてファッション誌チームならではの視点で作られた写真集は、これまでの朝比奈さんのとは違うSEXYな一面をひきだしている。 <朝比奈彩本人コメント> 等身大の朝比奈彩がこの写真集にはいっぱい詰まっています!洋服や水着やランジェリーetc.約20着の衣装を着ました。モデルとしての私、グラビアとしての私。両方が濃縮されているはずです。自分自身、制作に参加させていただきながら一生懸命作った一冊なので、一人でも多くの方に見ていただきたいと思っています! <担当編集コメント> もともと彩はピュアで古風なコ。人前で躊躇なく肌をさらせるタイプではないのですが、このファースト写真集に関しては「今できること全部したい!」という彼女の意気込みがバンバン伝わってくる撮影でした。本邦初公開の下着カットにも、ギリギリの下尻カットにもきっとそんな彼女の”覚悟”が感じられるはずです。「いいものをつくりたい」「今できることを全部したい」という朝比奈さん本人の強い意志から、下着カットのみならずさまざまな表情、シーンがつめこまれた贅沢な一冊となっています。