NMB48メンバーの可愛すぎる素の顔を撮る「ゆきつんカメラ」とは
スタイルもよく可愛いメンバーが多いと言われるNMB48。SNSにアップされるオフショットも非常に人気が高く様々なメンバーが写真をアップしている。 そんな中、写真のクオリティが高くメンバーからも信頼されているカメラマンがいる。東由樹だ。NMB48第2期生の東は「ゆきつんカメラ」の愛称でメンバーの写真を激写しまくり、ツイッターやInstagramなどにアップをしている。 どれだけ「ゆきつんカメラ」がスゴいのか、「コンサートの度に数千枚を撮影」「撮影した写真はまとめてメンバーに送る」という逸話を持ち、時には撮影することに熱中しすぎ、自身が集合写真に入れなかったなんていう都市伝説的なエピソードまで持つメンバーである。 ただ枚数を多く撮るだけならば、裏方であるマネージャーでも出来る。しかし、「ゆきつんカメラ」のスゴいところは被写体であるメンバーに対してメンバー同士でしか撮影できないような素晴らしい写真を撮っているところだ。苦楽をともにしているメンバーである東由樹だからこそ、撮影されるメンバーも身構えずに素の表情をさらけ出している。プロに撮影された写真ももちろん綺麗なのだが、東由樹の「ゆきつんカメラ」として撮影された写真は、キレイだけでは表現できない奥深さを見せてくれる。 東由樹も「〜2016年の目標〜 生誕祭でも言ったんですが 『ゆきつんカメラ写真集発売』 ゆきつんカメラを通して メンバーの魅力をたくさんの方に 見て知ってほしいです!!」と宣言しているだけに、これからも、我々の知らないNMB48メンバーの姿をぜひ、「ゆきつんカメラ」で公開していって欲しい。 写真(C)NMB48