AKB48「世紀の誤審」受けながら意外なメンバーが番組レギュラー獲得
AKB48メンバーが出演するバラエティー番組「AKBINGO!」(日テレ)。10月18日放送では、前回に引き続き、AKBINGO!に最近なかなか呼ばれないメンバーが登場し、レギュラーメンバーと激突をした。 この日、ワンクール分のレギュラーが確約されるという懸賞が用意され、メンバーも大はしゃぎ…だが、西野未姫よりMCであるウーマンラッシュアワー村本にクレームが。同系統の番組である「NOGIBINGO!」に出演した村本がAKB48メンバーをディスり放題、乃木坂46メンバーをべた褒め。スタジオでも「乃木坂がええわ!」と絶叫する 。 しかしそんなAKB48、「シュークリームゲート」と称し激辛シュークリームを当てないようにするゲームでは、武藤十夢が激辛に当たりながらも笑顔で乗り切るという離れ業を披露。バラエティー能力の高さを見せつけた。そしてこの競技では、岡部麟が甘いシュークリームを食べていたのにリアクションがよく分からず、村本から激辛シュークリームを食べていると審判されアウトの判定に。これには、岡部も猛抗議し、村本が謝罪をする「世紀の誤審」となった。 そのまま様々なゲームは続き、最後はバラエティー番組ではお約束の粉の中から飴を見つけ出す「顔面粉バトル」へ。ここまで生き残っているのは、武藤十夢、岡部麟、岩立沙穂の3人。苦戦をする3人だが、なんと世紀の誤審で復活した岡部が見事アメをゲットし劇的な勝利を飾り番組レギュラーを勝ち取った。岡部は「色々、爪痕を残せたらいいなと思います」とコメントした。 写真(C)AKS