最新ボイン番付の「たわわぶり」がスゴい 両横綱に天木じゅんと柳瀬早紀
創刊50周年を迎えた「週刊プレイボーイ」(集英社)の10月31日号(10月17日発売)で、最新の「2016年10月場所グラドルボイン番付」が発表された。 東の横綱に天木じゅん、西の横綱には柳瀬早紀と、共にIカップをほこる”ボイン”が選ばれた。以降、東の張出横綱に鈴木ふみ奈、大関・青山ひかる、関脇・和地つかさ、小結・RaMu、前頭・忍野さらの面々。西は大関が菜乃花、関脇・片岡沙耶、小結・橋本梨菜、前頭・石原佑里子と発表された。 番付に名前の挙がったグラドルたちは、こぞってTwitterで喜びのコメントをアップ。2016年最も注目された女子大生グラドル石原は「錚々たるグラドルさんの中に私もいれてもらえて嬉しいーっ!!」と初々しいコメント。ミニマムグラマー和地はファンからの報告で「わー!!!!なんと、、、、!うれしいです♡」とツイート、下乳天使片岡は「よく見ると、私もジワジワだけど昇格してる……、笑」と昇進を喜び、2場所連続の横綱となった100cm Iカップでボインの象徴と言われる”乳神様”柳瀬は「またまた西の横綱に選んで頂きました!♡ありがとうございます!!防衛なりました!笑」と貫録?も見せ、そして今回東のボインの頂点に立った”天乳”天木は、「最新ボイン番付にてついに横綱になることができました!週プレさんの中でおっぱいNo.1になれた!と言うことなので21歳はぶっちぎれるように頑張ります!」と優勝コメント。また片岡のツイートを受け、「さやぼーもやなパイもふみにゃんも親友がみんなinしてて幸せだしめっちゃくっちゃ自慢だょ!!d(*¯︶¯*)」とほかのグラドル仲間が多数番付入りしたことも喜んだ。 8月発表のボイン番付でも柳瀬が西の横綱、今回も座を譲らなかった。天木は大関からの昇進、鈴木は大関から張出横綱へと番付を上げた。菜乃花も関脇から、片岡も小結からひとつ昇進、強さを見せた。「モニタリング」でHカップをぷるんぷるん揺らせた”ラーメンの湯切り”で話題となった和地が今回いきなり関脇に。黒すぎるグラドル橋本、はちきれそうなGカップ美乳で話題のRaMuが初の番付入り。こちらも初めて入った、笑顔が魅力のお嬢様系Fカップ石原、DVDがオリコン3週連続1位のレースクイーン忍野は、ともに2016年デビューで現役女子大生とフレッシュな2人だ。これからの活躍が大いに期待できる”たわわすぎる”番付に注目してほしい。