グラビア注目3人娘 石川恋、片山萌美、馬場ふみかのセクシードレスが眩しい
10月28日に創刊50周年を迎える「週刊プレイボーイ」(集英社)が、過去の時代を彩ったスター150人の貴重なグラビアなどを収めた50周年の記念出版「熱狂」を発売。その発売会見が都内で行われた。 PR大使として仲間由紀恵が就任、10代から幾度となく「週プレ」に登場している彼女は、当時のグラビア撮影エピソードなどを語り大いに盛り上がったが、今年「週プレ」から写真集を刊行(及び刊行予定)した、グラビア界で俄然注目の石川恋、片山萌美、馬場ふみかがセクシードレスに身を包み登壇した。 週プレ50年の歴史が詰まった「熱狂」を見て印象に残ったグラビアを聞かれた3人。「ビリギャル」の表紙として金髪に美形のインパクトで話題をさらった石川は、「リア・ディゾンさんです。それまでグラビア雑誌は見たことなかたんですけど、”グラビア界の黒船”というのを凄い覚えています」と応えた。優等生風の上品な顔立ちながら、”一度決めたら想像以上に大胆になりそう”と思わせるギャップが堪らないグラマラスな片山は「いちばん驚いたのは”週刊プレイボーイ第1号”の表紙が人間でなくライオンだったことです。そこから美しい方がどんどん出て来られてその歴史の中で私も表紙をやらせていただいて光栄です」と話し、「仮面ライダードライブ」の悪役幹部が”こんなグラマラスボディだった”とグラビアファンがざわついた馬場は「60年代の外国人のかたのヌードピンナップが印象的でした。体も美しくて可愛くて、アートとしても素晴らしいと思いました」とそれぞれ語った。 石川は2月に初写真集「LOVE LETTERS」が、片山は9月に初写真集「人魚」、馬場は12月2日(金)に初写真集が、いずれも「週刊プレイボーイ」から発売されている。「週プレ」を機にグラビア界を席巻している3人娘、2016年だけでなく来年以降もグラビアのみならず、さまざまな活躍で話題になることだろう。これからも大いに期待したい。