Aカップちっぱい鈴木咲の「まな板」写真がセクシー
人気グラドルの鈴木咲が自身のInstagramにアップしている写真が話題となっている。 鈴木咲といえば昨今の巨乳ブームの流れに乗らず「ちっぱい」が美しすぎると人気を高めている。Aカップのバストに細身でモデル体型のボディに形の良いお尻、そして小顔に黒髪ショートとクールビューティーを絵に描いたような美しさを持つ。 そんな鈴木が自身のインスタにアップしている写真。鈴木といえば、人気グラビアアイドル倉持由香を中心に、ネット上でセクシーなセルフショットを公開している「グラドル自画撮り部」のメンバー。彼女がアップする写真は「#本日のまな板」のハッシュタグで配信される「まな板ちっぱい」写真。 まな板とは、小さな胸を指す言葉としてこれまでは悪い意味として使われてきた。しかし、鈴木は巨乳の多いグラドルの中で自分の「まな板」をしっかりとセールスポイントにしている。確かに、水着からはみ出しそうな爆乳はもちろん男性として抜群に嬉しいのだが、鈴木の「まな板」写真は美しさの中にもエロスがあり非常にセクシー。美形で「イケメン」にも見えるビジュアルから、なんだか背徳感を感じる写真となっている。 一般女性の間でも胸が小さいことは基本的にはマイナスにとらえられることが多かったが、特にマイナスイメージのつきそうなグラドルの鈴木はこの「まな板」な胸を自分の武器としてセクシーに活動している。 これからも、鈴木咲が発信していく「まな板」写真から、目が離せなそうだ。