西野カナが話題のウェディングソングを10名の花嫁と初披露
西野カナはイベントのアーティストステージのトップバッターを飾り、イベント開始すぐの登場に会場の代々木第一体育館には割れんばかりの大歓声が響いた。ニューシングル『Dear Bride』は、“結婚”という新たな人生の門出に立つ友人を思い描きながら、花嫁に贈る言葉を詰め込んだ西野カナ初のウェディングソングとなっており、祝福、懐古、不安、祈りなど、花嫁に対する様々な気持ちが入った歌詞が早くも女性の共感を呼び、話題となっている。 さらに歌後半に差し掛かると、会場中にハート型の花びらが舞うなどの演出も加わりニューシングル『Dear Bride』の初披露は、華麗なムードの中、幕を閉じた。