GEM金澤有希のおバカっぷりが桁違い バラエティー界に衝撃
9月27日(火)深夜0:10~放送の「必勝!あたりまえ検定 コレできる?できない?」(TBS)にて新たなおバカタレントが誕生したと、期待の声があがっている。 この番組は、普通なら出来てあたりまえのことに芸能人が挑戦し、「この人はできるだろう、この人は出来ないかも?」と結果を予想するバラエティ。まずは「日本の白地図の中で東京都の部分を赤く塗ってください」という問題に挑戦。藤田ニコルは、「馬鹿にしないでください!このくらい分かります」と、さらっと正解。 そんな中、クイズに挑戦したのはavexのアイドルグループGEM(ジェム)のリーダー、金澤有希。グループ最年長なのに、他メンバーからも「小学生よりも低レベル」と評され、「b」と「d」の区別がつなかい為、「dog」も書けないと、驚くべきバカっぷりを暴露されてしまう。そんな金澤は、日本地図を見るなり「どっちかな~」と言いながら、日本を横断する謎の2本の線を描き始めた。「その線は何?」と質問されると、「東北と、九州を分けてます」と話し、日本が、東北、関東、九州の3つから成っていると説明し、スタジオを驚かせた。その線と線に挟まれていた中で、最も大きな県であった、福島県に印を付け、「これが東京です」と答え、その見事なおバカっぷりに注目が集まった。 また金澤は、「平成」の前の年号を答えよ!という問題に挑戦。するとまたもや、「どっちかな~」と悩みはじめ、「何と何で悩んでいるのか?」と聞かれると、「明治か昭和」だと答え、悩んだ結果、「昭和」を選んで正解し、ドヤ顔を見せた。昭和を選んだ理由を聞かれると、「私は、グループの最年長で、よくメンバーから「昭和生まれなの?」とイジられたりするので」と話し、昭和を、今回は選ばせて頂きました」と丁寧に説明した。 スタジオにいた、サバンナの高橋は、「金澤さんの言葉遣い、割りと綺麗で面白い」と言い、「まるで大正の終わりに、次の年号を決める会議かのような「ということで、今回は昭和を選ばせて頂いた」だった」とツッコみ、スタジオは爆笑に包まれた。そんな金澤有希が誕生した。