Ken(L’Arc~en~Ciel)主宰ライブイベントで「パーズーメンバーもZOO感が増してるね」
Ken(L’Arc~en~Ciel)主宰のライヴイベント、「PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~」のツアー2本目、東京 豊洲PIT公演が開催された。 名古屋に続き、トップバッターのAKi。頼もしさは健在で、一気に会場が華やかになる。新曲『STORY』を力強く、そして伸びやかな歌声で届け、 この先に控えているワンマンツアーの核となるであろう盛り上がりをみせていた。 「やはりPARTY ZOO!最高だ!回を重ねるごとにどんどんグルーヴしていく!演者もオーディエンスもそう!このまま駆け抜けような!!次は大阪だ!俺はカラスとセッションで参加!アツくいこうぜ!豊洲どうもありがとう!また会おう!」とAKiもコメント。 続いては、PARTY ZOO初参戦のA9。5曲目の「華【hæ・nǝ】」ではKenがギターで参加。A9の楽曲にKenという色とりどりの音色が彩を添え、曲の中で自由に生き生きと動き回る。A9メンバーとKenがそれぞれひとりずつ向かい合って音を奏で、曲の最後にはドラム前に集まり、この日のこの瞬間を楽しみ喜んでいた。 「PARTY ZOO豊洲公演。少年野球の少年がイチローと試合するみたいな日でしたが、お客さんも素敵で夢のような空間でした!大阪、お台場もますます、A9盛り上げていこうと思います(仙台は生霊で)。チケットまだの方は是非!夢の空間においでくださいませ」(将) 続いては全公演出演のBAROQUE。初日の名古屋公演よりもさらにパワーアップしたライヴで観客の心をつかんでいく。『MEMENTO』では、怜のささやく歌声とパワー溢れる歌声、そして圭の滑らかなスーッと心に入ってくるクリーントーンとで、音で満ち足りた感覚をメンバーも観客も共有しているようだった。 「豊洲、とよす、とよしゅう、最高のPARTYでした!BAROQUEにサプライズで一曲A9ヒロト参加してくれたりと、本当何が起こるかわからない、サプライズの嵐です。俺もセッション飛び入り参加したり!次の大阪も気合い入れてPARTY ZOOしちゃいます。」(怜) 続いてはMUCC。1曲目から『キライ… キライ…』と、それまでの空気を一掃。ダークで鬼気迫るMUCCワールドに瞬時に連れ込まれる。 「みんな知らないと思うけど、外はどしゃ降りだよ」「うっそー!」といういたずらっ子の顔をした逹瑯のMCで、会場は満開の笑顔。「その笑顔のまま聞いてください」とハイデへ。逹瑯の嘘に“やられた”という思いと、この曲の持つ開放感や郷愁感に “やられた”という思いで、会場が幸せの空間に包まれた。 続いて、このセッションを告知した時から大きな反響を呼んでいた、「押ちゃんズ」セッション。PARTY ZOO オフィシャルブック撮影後の打ち上げ時に、“蜉蝣”と縁の深いメンバーが多いことから、セッションをやってみたらいいのでは、という意見が浮上。バンドマンの熱い思いがぶつかり合った結果、今日この時を迎える。スペシャルゲストにガラ(MERRY)とaie(gibkiy gibkiy gibkiy)、kazu(gibkiy gibkiy gibkiy)を迎え、逹瑯、SATOちの5人で、全身全霊で3曲を演奏。 色々な想いがうごめく中、ステージの5人、そして飛び入りの怜とAKiも入れた7人は、この日の演奏を確かに楽しんでいるように見えた。それは、轟音とソリッドな音に表れ、観客までも巻き込んでいく。ライヴ後の客席の盛大な、大きな拍手がそれを物語っていた。 「全力で蜉蝣しました。Kenさん、出演者の皆さんに感謝!!「PARTY ZOO」一本だけなんて淋しい…クソ楽しかった!!」(ガラ(MERRY)) 「みんな楽しそうだったね❤よかった!!夢に大佑さんが出てきそうです。ありがとうございました!!」(SATOち) 最後は、Ken with Naughty starsセッションへ。 「PARTY ZOO 2日目豊洲公演、園長としてヴォーカルの将くんと相談して3曲を選ばせて貰いました。個人的に大好きでやりたかった Caress of Venus、将くんリクエストのShout at the Devil、そして皆知らないだろうから申し訳ないな〜という気持ちを持ちつつも将くんが歌いたいと言ってくれた自分のソロ曲 the primary. を演奏しました。ラルクの曲をKenさんと演奏出来たのは本当に御褒美でしかなかったし、the primary.に関しては作った頃にはこんな愛があって友達が溢れた場所で演奏出来る日が来るとは思わなくてとても感慨深かったです。今日という日を作ってくれた出演者の皆、オーディエンスの皆に本当に感謝です!」(圭) 最後には、公式ソング『PARTY ZOO』を全員で大合唱。残り、大阪 堂島リバーフォーラム、Zepp DiverCity Tokyo、仙台PITに向け、ここからまた次のステージへと向かう。 「今日もみんなの笑顔が見れて楽しかったよ!パーズーメンバーもZOO感が増してるね!」とKenもコメントしている。 カメラ(西槙太一)