指原莉乃がAKB48グループコンサートで魅せた圧倒的な存在感
「AKB48グループ同時開催コンサートin横浜「今年はランクインできました祝賀会」が横浜アリーナで開催され、総選挙で1位となった指原莉乃が大活躍をした。 この日、横浜アリーナには「AKB48 45thシングル選抜総選挙~僕たちは誰について行けばいい?~」にて80位内にランクインしたメンバーが集結。その中でも、圧倒的な存在感を示したのが指原だった。オープニングでは一人ゴンドラで登場、ファンの真ん中を突っ切って仲間のまつステージへ向かうという驚きの演出で登場。総選挙の祝賀会ということで、指原が中心となる構成だと予想はできたが、初めから指原の独壇場だった。 途中「MCが弱いとスタッフに言われている」というエピソードを話し、指原莉乃にいままでトークを頼りすぎていたと急遽、高橋朱里を中心に「MC力強化オーディション」を開催。このオーディションには新人から北原里英まで参加。そもそもが、こんなコーナーが出来上がってしまうこと自体、指原の影響力がわかる。そのくらいにこの日のMCでも、ツッコミに細かいファンとのやり取り、まとめ役など抜群のトーク力でイベントを盛り上げた。 パフォーマンスでも、指原は歌もダンスもレベルが高いのだが、AKB48グループの強者が揃う中では指原以上に踊れ、歌えるメンバーは多い。その中でも、一発で指原がそこにいるとわかる存在感、それは指原が目立つポジションに居るからというだけでは説明できないオーラを纏っているからだ。人気があるという自信に満ち溢れ、そして出るタイミング引くタイミングをしっかりと計算し、出しゃばりすぎず、引っ込みすぎずの絶妙のバランスを保っている。ステージでの指原の実力は飛び抜けたものがあり、次元の違いを感じさせる。 バラエティで見せる顔とは違う、ステージでの顔。それは、時には可愛らしくアイドル全開に、時には進行役として司会者としてのスキルを発揮し、そしてしっかりと後輩たちを立てるトークもする。アイドルとして、完璧とも言える活躍が出来ている。 今年は、去年以上にテレビでのメディア露出も増えている印象の中、それでもアイドルの本業であるステージをしっかりとこなす。これは、今までのアイドルたちを見てくればどれだけ難しいことで両立できないことかがわかる。それを、やってのけてしまうのがいまの指原の凄みだ。 アイドルとして、もはや前人未到の領域に入り込んでいる指原、今後はHKT48を中心として、AKB48グループをどう引っ張っていくのか、注目だ。