PASSPO☆派生ユニットはっちゃけ隊ワンマン 元クルー奥仲麻琴登場にあたふた
アイドルグループ PASSPO☆の森詩織・安斉奈緒美・岩村捺未・藤本有紀美からなる派生ユニット「はっちゃけ fromPASSPO☆」のワンマンライブが9月17日、渋谷Clubasiaにて開催された。 9月14日(水)にはっちゃけ隊fromPASSPO☆が発売したシングル『Born This うぇ~い』を引っ提げてのワンマンライブとあって、開演前から会場はファンの熱気であふれ返った。 はっちゃけ隊fromPASSPO☆のイメージとはかけ離れた、月面の着陸をイメージする音ではじまり、観客の期待をうまく裏切りながら、ライブはスタートした。その後のMCでは、本ワンマンのソールドアウトを高らかに報告し、会場内の勢いは更に増していく。そこから、オリジナルナンバー『祭りを呼ぶ漢』・本家PASSPO☆のはっちゃけオリジナルアレンジを施した『はっちゃけViVi夏』などで会場のボルテージは最高潮に到達する。 はっちゃけ隊のワンマンライブでは恒例となったカバーメドレーコーナーでは、小田和正やウルフルズの名曲も取り入れ、パフォーマンスの幅の広さを見せつけつつ、初のオリジナル曲である「気分はサイコー!サイコー!サイコー!」を熱唱した。ライブの中で用いたスライドショーでは自らの生き様を表現し、はっちゃけ隊らしい盛り上げを見せつつ、本編は幕を閉じた。 会場内にアンコールの声が響き渡り、それに応えるべく、メンバーは再びステージに現れ、アンコールがスタート。そして、最後の曲へと進もうとした時、会場内のファンはもちろん、メンバーにもサプライズが起こった。オープニングに流れた月面着陸音が再び流れ、元PASSPO☆のクルー(メンバー)であり、現在 女優・タレントとして活動する奥仲麻琴が登場し、ファンのみならず、はっちゃけ隊メンバーも驚きを隠せず、ステージ上であたふたしていると、奥仲から、12月10日に「復活!はっちゃけナイト開催決定〜!」が阿佐ヶ谷LOFTで開催されることをサプライズ発表されると、はっちゃけ隊メンバーとファンを大いに喜ばせた。 その喜びとともに、はっちゃけ隊は「Born This うぇ~い」を奥仲とともに歌い上げ、終演。はちゃめちゃに楽しいライブをつくるはっちゃけ隊からは今後、更に目が離せなくなりそうだ。 また、はっちゃけ隊が所属するPASSPO☆も11月23日(水)両A面シングル『ギミギミaction/ラブリフレイン』のリリースも発表し、全国ツアー「PASSPO☆の未来 左右ツアー~Road to 所沢航空公園~」を開催中、10月8日(土)には ファンも交えて今後のグループの未来を考える「PASSPO☆の未来 左右会議」を実施するなど、精力的に活動している。はっちゃけ隊とともにPASSPO☆の動向からも目が離せない。