妄キャリ、イナズマロック フェス 2016に初参戦
妄想キャリブレーションが、9月17日に滋賀県草津市・烏丸半島芝生広場にて行われた野外フェス“イナズマロック フェス 2016”に初参戦を果たした。 妄キャリは12時台の“風神STAGE”に出演。メインの“雷神STAGE”開演前の早めの時間帯にも関わらず、会場はファンで埋め尽くされた。9月28日リリースの新曲『アンバランスアンブレラ』のブルーを基調としたポップでカジュアルな新衣装で、オープニングSEと共に颯爽と登場すると、『ちちんぷいぷい♪』『人生はいじわるなの・・・かな?』『YOUをちぇっくします!』と、3曲連続で立て続けに歌い上げた。 この日、病気療養中だった胡桃沢まひるが復帰後、約1カ月ぶりの6人態勢でのステージとなった妄キャリ。星野にぁは「実は、まひるがちょっとお休みを頂いていたのですが、このステージには絶対に6人揃って立ちたいと、今日に向けて準備してきました!」と、このステージに懸けた意気込みを語った。 9月28日リリースの新曲『アンバランスアンブレラ』のカップリング曲『irony』を初披露。今回、アニメ“俺の妹がこんなに可愛いわけがない”第1期オープニングだった本楽曲を、DJ’TEKINA//SOMETHINGによるアレンジでカバーすることで話題を集めていたが、桜野羽咲が「この曲は“いつか妄キャリでアニソンタイアップを歌いたい!”という私たちの夢への第一歩です!」とステージで叫ぶと、会場中のファンから盛大な拍手が贈られた。 ラストにはメンバーが初めて作詞にも挑戦した新曲『アンバランスアンブレラ』を歌唱、約25分のステージを終えた。 西川貴教のイエノミ!! イナズマロックフェス2016 出張版 ~第一夜~