SuG 新アー写公開&山形プロバスケチーム公式ソングを書き下ろし
11月2日に2ndミニアルバム『SHUDDUP』をリリースするSuGが、新アーティスト写真を公開した。「SHUDDUP(=Shut Up=黙れ)」という今作のコンセプトに伴い、新アーティスト写真も、暗いトンネルの中で撮影された冷たくダークな質感のものとなっている。 SuGは、9月22日(木・祝)よりLINE LIVE放送を行うことも発表。第1回放送となるこの日は、メンバー全員揃っての生放送となる。今後は月に1回の定期放送に加え、ゲリラ放送も予定しているとのこと。放送の詳しい内容は、初回放送にて発表される。 またこの秋に初年度を迎える日本の男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」が開幕を控える中、パスラボ山形ワイヴァンズのオフィシャルソングとして、SuGが新曲『FLY WYVERNS』を書き下ろしたことが明らかになった。 きっかけは、SuGのVo. 武瑠が監督した短編映画「WE CRY OUT HALLYEAH」が、2015年山形国際映画祭にてアーティストシネマ賞を受賞したことから、その活動の幅広さが注目され、今回のパスラボ山形ワイヴァンズとのコラボのオファーに繋がった。 SuGは、14日に行われたパスラボ山形ワイヴァンズのTip-off Party2016にも出席。リーダーのGt. masatoは「勝利をもたらせるように楽曲を制作しました、会場で一つになって勝利を掴んで行きましょう!」と挨拶し、ワイヴァンズの選手と交流を図った。『FLY WYVERNS』は、2ndミニアルバム『SHUDDUP』に収録される。