AKB48選抜総選挙延長戦、81位は市川美織だった
AKB48グループ同時開催コンサートin横浜「来年こそランクインするぞ決起集会」が神奈川県民ホールにて開催された。6月に開催された「AKB48 45thシングル選抜総選挙~僕たちは誰について行けばいい?~」にて、残念ながらランクインが叶わなかった総選挙立候補メンバー185名による決起集会となった。 ランクインしたメンバーが集まる横浜アリーナに負けないパフォーマンスを見せようと、田野優花が「圏外ナメんじゃねーぞ!」と絶叫 し、気合十分で開幕。 序盤は、グループごとのパフォーマンスとなり、AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、そしてAKB48チーム8が楽曲を披露。オープニングから全メンバーでの『君のことがすきだから』まで一気に16曲連続でのパフォーマンスとなった。『禁じられた2人』では、伊豆田莉奈と共に、怪我で休演しているはずの小嶋陽菜が。こじはるのサプライズ登場に会場は大歓声に包まれた。こじはるは歌い終えると「怪我をしていも、いずりなの相手くらいなら出来る。いずちゃんは、来年も圏外よ!」と言い残して、颯爽と横浜アリーナに向かっていった。 今回のコンサートではグループシャッフルも実施。『孤独なランナー』ではNGT48研究生の大滝友梨亜、『LOVE TRIP』ではチーム8小栗有以がそれぞれセンターを務めるなど一夜限りのチーム編成を披露した。本編ラストには、総選挙での応援をはじめいつも支えてくれるファンへの感謝の気持ちを込めて『アリガトウ』を披露。感極まり、涙を流すメンバーも多くみられた。 アンコール後には初の試みとして、今年の総選挙でランクインにわずかに届かなかった81位から100位が「選抜総選挙延長戦」としてサプライズ発表された。ギリギリ圏外だった81位は、市川美織。名前が呼ばれると驚きと涙で顔をぐしゃぐしゃに。 ラストはメンバーがステージを離れ、観客席でパフォーマンスし、決起集会は幕を閉じた。 また、横浜アリーナで発表された「46thシングル選抜メンバー」である22名。込山榛香(AKB48チーム4)、小栗有以(AKB48チーム8)、松岡はな(HKT48チームTII)、中井りか(NGT48チームNIII)の4名が初選抜入りを果たした。 【初選抜メンバーコメント】 込山榛香(AKB48チーム4) 「ここまでやっと来れたんだなと実感しました。ずっと夢に描いてきたことだったので、(選抜告知)映像を見て、自分をその映像の中で見ることがあるなんて思わなかったです。ここまで来れたのは、ファンの皆さまのおかげですし、家族の支えもあってのことです。少し恩返しができたんじゃないかなって思います。選抜メンバーの皆さんってすごく個性が強いので、その中で私も (新たな)個性を見つけたいと思います。」 小栗有以(AKB48チーム8) 「選抜に入ったと聞いて、まだ自分の気持ちも整理がつかないのですが、本当に嬉しいです。今回の選抜はチーム8からの選抜は私だけと聞いたので、チーム8らしさやフレッシュさを出して、先輩に負けないくらい頑張ります。もう、嬉しいという言葉しか出てこないです。」 松岡はな(HKT48チームTII) 「すごくびっくりしています。HKT48のセンター(「最高かよ」)に選んで頂いてからすぐのことだったの で、今も信じられないです。HKT48からは4人の中の1人なので、結果を残せるように頑張りたいです。 私はぱるるさんが好きなので、「やったーセンターだー!」って喜んでいたら、私の写真が映ったので座っていたのに立ち上がって喜んでしまいました!他のメンバーも一緒に喜んでくれました、本当に頑張ろうと思います。」 中井りか(NGT48チームNIII) 「私は初めて(AKB48の)シングル選抜に選んで頂いたのですが、何がなんだか分からなくて、まだよく 分からない状態です。頂いた大きなチャンスなので、ファンの皆さんのために、全力で頑張りたいと思います!何があってもへこたれない!」 ※グループ内規により時間の都合で発表時現場にいられなかったメンバーは、コメントを帰路の途中でスタッフを通じて入手したもの。 写真(C)AKS