舞台「歌姫」ヒロイン抜擢 AKB48入山杏奈「今までの自分脱ぎ捨てる」
9月14日(水)、明日15日(木)より大阪・ 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで開幕する、舞台「歌姫」が関係者ほかマスコミに公開され、開幕挨拶が執り行われた。 ”タクフェス”第4弾作品「歌姫」は、宅間孝行が仕掛ける極上のエンターテインメントプロジェクト。開幕挨拶では、舞台初出演でヒロイン役に抜擢された入山杏奈(AKB48)は「(この舞台で)脱ぎたいと思います!」と力強くコメントし、会場がざわつく自体となったが、「今までの入山杏奈を脱ぎ捨てるという意味です」と説明し、笑いが起こった。 また主演に加え作・演出を務める宅間孝行は、「昨今の日本の情勢をみて、再演したいと思った。最高のキャストとともに今作を決定版としたい。」語った。 一か月の稽古とトレーニングで劇的な変化を遂げたという入山杏奈。他キャストから”喜怒哀楽の無い体温の低い人”と言われる彼女が、感情表現豊かな役をどう演じるかに、注目が集まる。 「どうしてもシアター・ドラマシティからスタートしたかった」という宅間の想いが実現した舞台「歌姫」は、9月15日~19日まで、大阪 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて、その後名古屋、札幌、東京、福岡、仙台、新潟と、全国7都市で上演予定。 【出演】 宅間孝行、入山杏奈/阿部力、黒羽麻璃央/酒井美紀/樹里咲穂、原史奈/滝川英治、越村友一、北代高士、安田カナ/かとうかず子/斉木しげる/藤木孝 【脚本・演出】 宅間孝行