Ken(L'Arc~en~Ciel)、主宰のPARTY ZOOに「想像を超えてた」
Ken(L’Arc~en~Ciel)が主宰するライヴイベント、「PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~」のツアー初日、名古屋ダイアモンドホール公演が開催された。 超満員の会場は、開演前からいつ誰が登場するのか、どんなセッションになるのかとワクワク感が漂う。そんな中、トップバッターにはAKiが登場。アーティストとして、ミュージシャンとして、ソロツアーを経て、たくましさや頼もしさがステージから感じられ、一発目からこのイベントの基準値の高さに驚かされる。「最高の初日でした!新曲も初披露なのにフロアのグルーヴもアツくて、みんなライヴを見に来るんじゃなくライヴをしに来てくれる様な気がしました、ありがとう!素晴らしいイベントでした!マジみんな見に来て、後悔しねーから!」(AKi) 続いて登場したのはgibkiy gibkiy gibkiy。百戦錬磨のメンバーが作り出す異世界に同じ会場での出来事かと目を疑う。それほどにもディープ。 ヴォーカルのkazumaの圧倒的な存在感に観客も息をのむ。また、Kenがギターで2曲参加。即興演奏を旨としたドープな絡みの5人から繰り出される音に心地良く圧倒される。「温故知新 猛獣たちを仕切るのは百獣の王 Kenライオン」(sakura) そして、Deeply Entwining Sessionと銘打たれた1つ目のセッションコーナーへ。「Merry Go Round Respects」このシーンを引っ張ってきたヴォーカリストの一人であるkazumaとの共演にミヤも嬉しそうだ。 「園長ということで名古屋といえばkazumaさん。kazumaさんといえばMerry Go Round。ということで演らせていただきました。光栄でした。」(ミヤ) 続いては、BAROQUEの登場。ヴォーカル怜の涼しげな声が会場中に広がる。クリアに鳴り響く圭のギターの音色とともに会場を塗り変えていく。 途中、機材トラブルの中聴けた怜のアドリブの歌声も、この日の偶然の宝物のように思えた。ライヴのラストでは、初めてBAROQUEを見たであろう観客も声をあげ、BAROQUEを楽しんでいた。「遂に迎えた初日、個人的には悔しいトラブルもあり迷惑かけちゃったけど想像以上に楽しいPARTY ZOOだった。 出てるバンド皆リスペクト出来る人達だしお客さん達も素敵でまだ初日なのにあと4本で終わっちゃうのがもう寂しい感じ。次の豊洲もがんばる。」(けい) トリには貫禄たっぷりのMUCCが登場。このPARTYを一番楽しんでいるのは自分たちだと言わんばかりのハードで熱量溢れるライヴを魅せつける。和を感じさせる衣装を羽のように広げ妖艶な逹瑯。ダークもポップもどちらも武器にするMUCCに、観客の興奮も最高潮へ!「パーティーの幕開けだ!!一番楽しんだヤツの勝ち!!ドンドンいっちゃって頂戴!!」(逹瑯) そして、「Ken with Naughty stars」のセッションコーナーへ。「独断でKenさんの「Speed」、S.O.A.P.の「Dunce」、そしてそして、初めてコピーしたラルクの曲「Vivid Colors」を演らせていただいて感動でした!!PARTYは続く!!動画UPするからZOO SONG覚えてきてね!!」(ミヤ) ミヤ園長のKenファンの心をくすぐる選曲たちに会場からは悲鳴と歓声が。また、この日初めて演奏されたPARTY ZOO公式ソング。PARTYZOO出演者が勢ぞろいして演奏されたこの曲は、観客も仲間に迎え入れ、PARTY ZOOの一員としてライヴに参加し、出演者と感覚を共有できる曲になっている。 Kenは「このイベント、楽しくなればいいなと思ってたけど、こんなに楽しくなるなんて想像を超えてた。みんなに声かけて集まったらこんなに楽しいことが起こるなんて、すごくない!?このあとの公演もお楽しみに~!」と語った。 この後の、豊洲PIT、堂島リバーフォーラム、Zepp DiverCity Tokyo、仙台PITと続くツアーでもこの曲を会場全員で一緒に叫び、PARTY ZOOの一員になる人が増えていくのが楽しみだ。