Superfly 映画「闇金ウシジマくん」主題歌MVに山田孝之が出演
9月14日にSuperflyの21枚目のシングル『Good-bye』がリリースされる。この楽曲は、10月22日公開の映画「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」の主題歌となっている。さらに、9月22日公開の「闇金ウシジマくん Part3」に書き下ろした新曲2曲に加え、過去に担当した主題歌/イメージソングを全て収録した、「闇金ウシジマくん」コンプリート作品としても話題となっている。 ジャケット写真に登場している、主演の山田孝之がミュージックビデオにも出演し、まさにSuperfly×山田孝之のコラボレーション作品が完成した。監督は、Superfly作品を多く手掛ける番場秀一氏。「それぞれが生きていて、誰かに合図を送っている。「さよなら」だけど「さよなら」じゃない。この楽曲が伝えたいことを作品にしました。」と語る。 当初、楽曲の制作時に掲げたテーマとして「さよなら」と「儚さ」というキーワードがあった。「さよなら」とは、決してネガティブで悲しいものではなく、あくまで次のステージが始まることや継続することに向けたメッセージとしてのポジティブな「さよなら」であり、また「儚さ」には、一瞬の共同体が終わるような儚さ、またいつか繰り返されることを表現し、このふたつの「さよなら」「儚さ」を融合させて、「それでも人生は繰り返し、続いていく」といった、前向きなメッセージを伝えたい…と、志帆が制作に挑んだ楽曲。そのメッセージを表現するべく、志帆の歌がかつてないほど「語る」ような歌い方であるのも特徴の一つである。 そんな想いを込めた楽曲を映像で表現するため、番場秀一氏が3日間に渡る撮影を敢行。作品では、9人の子供達が、煙や踊りで自分達のメッセージを山田孝之に届けるというシーンで構成されている。そのメッセージを受け取る山田孝之。手の動きや、視線、少しの表情の動きでそれを表現していった。監督とやり取りし、1カット1カットを撮るごとに、楽曲の世界観が見事に表現されていくのが分かった。撮影は順調に行われ、約4時間ほどで終了。楽曲の特徴であるストリングスアレンジと、煙の中で佇む山田孝之の幻想的な映像が見事にシンクロした美しい作品が完成した。