夏の魔物、最高傑作アルバムを塚本舞がセクシーすぎる宣伝
夏の魔物が9月7日に発売した1stアルバム『夏の魔物』。今作は、作家陣に、後藤まりこ、ARM(IOSYS)、前山田健一、浅野尚志、tatsuo、山内マリコ、曽我部恵一、大槻ケンヂ、YO-KING、Sundayカミデ、大森靖子、玉屋2060%(Wienners)、藤林聖子、コールドストン・スタナ(只野菜摘)らが名を連ね、演奏陣には、HISASHI(GLAY)、ROLLY、IKUO(BULL ZEICHEN88)、越川和磨、ウエノコウジ、クハラカズユキ、ハジメタル、フミ(POLYSICS)、BOBO、TOKIEという豪華な作品となっている。 そんな満を持しての1stアルバムを宣伝するために、メンバーであり人気グラドルの塚本舞が様々なコスプレでリリースイベントやニコ生などに出演。塚本も「夏の魔物初の「35時間5現場」回し、という強行に出させていただきました」とコメント。 そのイベントも「渋谷デセオミニでのリリースイベント」「渋谷タワレコでのイベント」「アルバムほぼ全曲やります再現ライブ」「ポニーキャニオン本社よりニコ生18h夏の魔物!」「池袋ニコニコ本社リリースイベント」と東京都内の各地を駆けまわり、そのイベント毎に見事なセクシーコスプレで臨んだ。 夏の魔物の救世主とも言われる塚本舞、この素晴らしい作品を売り込むために寝る間も惜しんで宣伝をし続けた。 1stアルバムという大きな武器を持ち、9月16日には恵比寿リキッドルームにてレコ発ライブという大一番を迎える夏の魔物。そして、10月1日には「AOMORI ROCK FESTIVAL’16 〜夏の魔物〜」を控えている。これからの夏の魔物から目が離せなそうだ。