HKT48松岡はながMステで見せた「最高」なセンターの輝き
新しく出来たNGT48以外の国内AKB48グループで、いま話題となるのが「世代交代」だ。NMB48が、いち早く神戸ワールド記念ホールにて開催されたコンサート「NMB48 コンサート2016 Summer~いつまで山本彩に頼るのか?~」にて世代交代をファンへアピール。結果として、様々なメンバーが「センター取り」を宣言するなど意識改革が起き大成功となった。AKB48、SKE48も「次世代センターが誰になるのか?」が新曲発売毎に話題となり、これからの方向性を決めている最中だ。そんな中、HKT48は「いつまで指原莉乃に頼るのか?」という状況を打破するための動きが必要となってくる。 国内グループの中で、妹的な印象が強かったHKT48だが、初期メンバーの多くは20歳前後の年齢となり、グループとして成熟の時を迎え始めている。ここまでは、名実ともに指原莉乃が引っ張ってきたHKT48。「依存度」で言えば、コンサート演出やメディア、SNSの影響度も含めNMB48における山本彩よりも大きいかもしれない。それだけ、指原莉乃という存在はもはやアイドルの域を超えるモンスター級となっている。 そんなHKT48だが、楽曲面では実は指原に頼る部分が少なく、指原センターは一度もない。田島芽瑠の大抜擢から始まり、朝長美桜、兒玉遥、宮脇咲良がここまでセンターを務めてきた。そして今回、松岡はなが抜擢をされたわけだが、HKT48ファン以外からすると「なぜ、指原莉乃がセンターじゃないの?」と疑問がわくだろう。もしくは、AKB48でセンターも任される宮脇咲良じゃないの?と。ここがHKT48の強みだ。絶対的な人気を誇る選挙女王の指原がサポートに回り、AKB48の次世代センター候補としても期待される宮脇咲良もまた、毎回センターを任されない。この二人がしっかりとサポートすることで、センターを変え様々なチャレンジがしやすくなっている現状がある。だからこそ、今回のように「大抜擢」を松岡はなで挑戦でき、松岡も安心してセンターを務められる状況が作り出される。 『最高かよ』にてその挑戦が面白いようにハマり、松岡はなという新たなセンター候補が生み出された。これまでは同じくドラフトで加入した「今村麻莉愛、村川緋杏」とひとくくりで活動することも多かった松岡。センターという適性は、ファンでも感じていなかっただろう。しかし、松岡は物おじしない性格、得意のダンスを武器に『最高かよ』という松岡にピッタリなとにかく明るいアイドルソングで一気にセンターへの階段を駆け上がった。 9月9日の放送のミュージックステーションにて、センターとしてのきらめきをこれでもかと魅せつけた。まさに「見つかって」しまった状態だ。トーク部分では司会のタモリと楽しそうに話し、タモリも思わず「イエイ!」と珍しくハイテンションに返答したほど。パフォーマンスでもニコニコと楽しそうに、キレのあるダンスを決めSNSを中心に話題を集めた。これだけの大舞台で、緊張していただろうがそんな素振りは見せずに出番を終えた。しかも楽曲パフォーマンスの終了直後のアップでは、なんとも言えない天真爛漫な投げキッスをし、両サイドの宮脇、指原もつい笑ってしまうほど。キラキラとしたアイドルとしての素質を十分に持ち、勝負強さ、度胸の良さも見せ、堂々とした佇まいは、センターとしての輝きをしっかりとアピールした。 松岡はなという、センターとしての可能性を秘めたメンバーが出現したHKT48。俄然、これからのセンター争いが面白くなってきた。そして、松岡はなのブレイクで、HKT48にも世代交代が起きていくかもしれない。 写真(C)AKS