キンプリ、スペシャルイベントで総動員数20000人の応援上映
9月11日(日)、東京国際フォーラム ホールCにて、「KING OF PRISM Over The Rainbow SPECIAL THANKS PARTY!」が行われた。 本イベントは、劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(以下キンプリ)劇場公開後、初めて行われたスペシャルイベントで、メインキャストを務めた“Over The Rainbow(以下オバレ)”の3人、柿原徹也(神浜コウジ役)、前野智昭(速水ヒロ役)、増田俊樹(仁科カヅキ役)が集結。 前半は劇場本編の応援上映会、後半はオバレによるトークショーで構成され、メイン会場となる、国際フォーラムCの3000席は即完売。ファンの期待に応えて全国82館で同時中継(ライブビューイング)された。さらに韓国でも3館で同時中継が行われ、総動員数約20000人という、史上最大規模での応援上映となった。 イベントは応援上映からスタート。上映前には、キャラクターから、この応援上映だけの特別なメッセージも寄せられた。東京国際フォーラムに集まったファンが一斉に応援する様は圧巻。かつてない大人数が一斉に応援上映に参加し、映画館に勝るとも劣らない一体感が、声援の渦となり、感動のうちに上映が終了した。 続くトークショーパート、ステージに増田、前野、柿原の3人が映像に合わせて順番に登場。本編でも印象的だった、オバレの3人が自転車で走るシーンの映像が流れると、何とステージ上には、自転車と共に立つ3人の姿。 「オバレから愛をこめて! 応援メッセージ」では、いつもキンプリを応援してくれるファンへの感謝を込めて、ファンを笑顔にするために、オバレのメンバーから応援メッセージが送られた。事前に募集された相談に、柿原、前野、増田がキャラクターとして回答すると、客席からは黄色い声援が上がった。特に盛り上がったのは、増田がカヅキの決め台詞「バーニン!」と言った瞬間。客席からも、応援上映さながら「バーニン!」と言う声援が、ステージに向かってかけられ、会場の一体感を感じられた。 プリティーリズムのメイン女性キャラクターからの応援メッセージが寄せられる一幕も。スクリーンに綾瀬なる(CV.加藤英美里)、福原あん(CV.芹澤優)、小鳥遊おとは(CV.後藤沙緒里)、森園わかな(CV.内田真礼)、りんね(CV.佐倉綾音)が登場。彼女たちの会話からは、なるが応援上映に通っている模様もうかがえ、客席は応援上映さながらに盛り上がった。 告知コーナーでは、テレビ東京の人気作品が大集合した年に一度のスペシャルイベントアニメJAM 2016 ROCKステージにキンプリが参戦することが発表された。寺島惇太(一条シン役)、畠中祐(香賀美タイガ役)、五十嵐雅(鷹梁ミナト役)、永塚拓馬(西園寺レオ役)、武内駿輔(大和アレクサンダー役)が出演するということで、続報も気になるところだ。 さらに、キンプリのWEBラジオの配信も決定!ラジオは“響 – HiBiKi Radio Station”(http://hibiki-radio.jp/)で配信される。告知コーナー後は、劇場版脚本を担当した青葉譲が、本イベントのために書き下ろした「Over The Rainbow 胸キュンジャンプは楽屋から」が披露された。 いつも以上に観客をキュンキュンさせるために、ライブでのプリズムジャンプを『朝チュン、グッモーニンシリーズ!』にするヒロの発言に、キャラクターだけでなく、客席からも驚きの声が上がった。続いて、プリティーリズムの涼野いと(CV.小松未可子)から、コウジへのメッセージが寄せられた。恥ずかしがりながらメッセージを送るいとの可愛らしい反応に、客席からは暖かい声援が起きた。 最後の挨拶として、柿原からの「長い間、キンプリ、プリティーリズムを応援して下さってありがとうございました。これからもいっぱい声を出して応援をよろしくお願いします」というコメントで、イベント終了かと思われたが、スクリーンには映像が。TVシリーズでの3人の出会いから、キンプリでの別れまで、オバレの軌跡を辿る映像に、会場が感動的な空気に包まれる中、映像の最後には「KING OF PRISM新作 制作決定! KING OF PRISM -PRIDE the HERO- 2017年6月新宿バルト9ほか全国ロードショー」の文字。新作発表に、会場がこの日一番の歓声に包まれる中、ステージの幕が上がり、楽曲のイントロが流れ始める。オバレ3人からファンへの感謝の気持ちを込めて、オバレとして初めての楽曲であり、生で歌われるのは、本日が初となる『athletic core』が披露された。立て続けのスペシャルなサプライズ演出に、客席は最大限の声援、一体となったコール&レスポンスの声に包まれた。楽曲の大サビでは、カラフルなテープが発射され、客席に舞い、さらなるサプライズとなった。 イベントの最後は、柿原「次はさらにパワーアップして、もっと声援がとどろくような作品にしていきたいので、これからも応援をよろしくお願いします」、前野「プリティーリズムから応援して頂いている方も、キンプリから見て下さった方も、プリティーリズムを見返してもらえると嬉しいなと思います。これからもよろしくお願いします」、増田「カヅキの気持ちとしては、新作では、絶対負けねーからな、と熱い気持ちを持って臨みますので、これからもよろしくお願いします」と、それぞれがファンへの感謝の言葉を述べ、イベントは幕を閉じた。 (c) T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会