AKB48の未来を握るチーム8の驚くべき進化
日々拡大を続け、アイドルとして様々な記録を更新し続けているAKB48。グループ単位で考えれば多くのメンバーを抱え、活動規模、売上など世界最大の女性アイドルグループと言っても過言ではない存在だ。そんなAKB48グループでは、各グループで世代交代が行われている。AKB48としても、絶対的センター前田敦子から始まった「センター争い」は、現在ではHKT48の宮脇咲良も合わせ日々しのぎを削り、頂きを目指している。 そんな中、センターという一人の力ですべてをひっくり返してしまう特別な存在とは別に、AKB48を根底から変えてしまいそうな可能性を感じるのが、チーム8のメンバーたちだ。 チーム8は各グループのチームとは違い、都道府県別の代表を設け、トヨタのサポートを受けながら活動を続けている。メンバーも47人と多く新規加入をしたメンバー以外はみな同期。自身の住む県で個人的な活動も行い、またライブでは各地方を選抜されたメンバーが周り、撮影もOKなどいままでのAKB48グループでは考えられなかった動きで人気を高めている。 多くが学生のメンバーで各地に住んでいることから、十分に練習も出来ない状況が続き、またチーム内に「先輩」という存在が無く(AKB48全体としての活動では勿論いるが)なかなか進歩が見られなかったが、ここ最近ではそれぞれの役割分担がしっかりと出来、グングンと成長をしている。「会いに行くアイドル」をコンセプトに活動しライブやイベント活動をする中で実力を更につけ、劇場公演が主として来たAKB48とは違う角度での活躍を期 待できそうだ。イベントでもメジャーどころのアイドルグループには珍しく観客が撮影可能な場面があり、いつどこから撮影されているかわからないという緊張 感も彼女たちのレベルアップに一役買っているようだ。 勿論、AKB48メンバーとしてチームだけの活躍にとどまらず、AKB48グループチーム対抗大運動会では類まれなる運動神経を披露するメンバーがいたり、AKBINGO!内での歌ウマを決める企画「ディバチャン」では小田えりなが圧倒的な歌唱力を見せつけるなど、随所で先輩たちを驚かせるような素質を見せることが多い。演技力は最近始まった舞台「絢爛とか爛漫とか」にて中野郁海、谷川聖、佐藤七海、太田奈緒、小田えりな、永野芹佳が好演を見せている。 各グループや各チームのコンサート、イベント、公演を見る限り、まだまだ荒削りなところはあるが、現時点では最も進化をしているチームだと言っても過言ではない活躍だ。この活躍は、他のAKB48メンバーにも間違いなく刺激になる。 グループコンサートやイベントで会うチーム8のメンバーが驚くほどに成長していれば、先輩後輩関係無く、本気になるしか無い。センター争いとなると、特定の人気メンバーしか関係のない話となるが、チーム8の成長に危機感を覚えるのは全メンバーが対象となる。否が応でも現実に直面する場面が、すべてのメンバーに訪れるだろう。また、人数が多くバラエティ豊かな人材を集めているだけに、今まで個性を確立していたメンバーも、チーム8のメンバーに一気に追い抜かれる事もありえる。チーム8の活躍は、すなわちAKB48全体の底上げになり、良好なライバル関係を生み出す最終兵器となりそうだ。 今後のAKB48の進化の鍵をにぎるのは、チーム8なのかもしれない。そう思わせるほどの爆発力を、チーム8は持っている。