VAMPS LIVE 2016ファイナル東京公演 6日間のロックな夜始まる
VAMPS LIVE 2016、ファイナルとなる東京公演はお馴染みZEPP TOKYOでの6公演。初日である9月10日(土)は、海外からIn This Momentを迎え、よりROCK色の強い雰囲気が会場に漂った。 ZEPP TOKYOでのライヴは昨年11月のJOINT 666以来、約10か月ぶり。そのせいか、VAMPSがステージに登場した時のBLOODSUCKERS(ファンの愛称)の歓声は、会場が揺れるほど熱く大きく鳴り響いた。いよいよ6日間のロックな夜の開幕なのだ。 先月末に発売になったばかりの「INSIDE OF ME」や「RISE OR DIE」では、早くもオーディエンスが大熱唱。もうすでにライヴ・アンセムとなっていた。「BLOODSUCKERS」では、ステージと会場のエネルギーが沸点に達し一体化。割れんばかりの声援や大合唱は、初日公演とは思えないほどの熱さを持っていた。 全公演SOLD OUTとなっているZEPP TOKYO公演のツアーファイナルは、 日本・香港・台湾の映画館でライブビューイングで楽しめる。さらに、ZEPP TOKYO公演限定のサポートアクトとして出演する、 In This Moment、Apocalypticaの2アーティストのパフォーマンスも生中継。 ZEPP TOKYOのチケットが買えなかった方、3組の最高のパフォーマンスをお近くの映画館にて堪能し、VAMPS LIVE 2016を締めくくろう。 岡田貴之(OKADA TAKAYUKI)