川口春奈が主演映画に「怖い人が誰もいないいい雰囲気でした」
9月10日(土)より全国で公開となった「にがくてあ まい」。TOHOシネマズ新宿(スクリーン7)では、本作で主演を務めた川口春奈、出演の林遣都ほか映画出演者6名と、長編商業映画が初監督となる草野翔吾監督が登壇し舞台あいさつを行った。 イベントでは、作品タイトルにちなみ、それぞれの”「にがくてあまい」経験”をトーク展開。 川口と林が初共演の感想を聞かれると、林が川口の光沢のあるグリーンのロングワンピースを見ながら「今日の衣装がクレオパト ラみたいで話しづらい」とつぶやくと、川口から「共演の感想は?」と突っ込まれ、「いつもこうゆう感じで・・・。いい雰囲気で・・・。」と まとまらない発言。業を煮やした川口がそれを遮るように「穏やかな現場でした!怖い人が誰もいないいい雰囲気でした!」と締めくくり、場内を笑いに包んだ。 林と熱烈なキスを劇中で披露した淵上に、林との共演の感想を聞くと「いい味でした」と不思議な表現。林も台本からは到底想像できない、濃厚な接吻だったと感想をもらしそのシーンを間近でみていた川口は「林さんはまんざらじゃ無さそうでした」と笑いながら答えていた。 その後、映画のタイトル『にがくてあ まい』にちなんで、私生活での“にがあま”エピソードを 披露。 川口は「生牡蠣にあたったことがあり、それ以降食べれないでい ましたが、天ぷら屋の店員さんに「絶対あたらないから」と勧めら れた牡蠣の天ぷらがとてもおいしく て、それから苦手だった生牡蠣も食べれるようになったと話した。自分が思っているより、事態は深刻ではないんだなっと思った」と話し、大物ぶりを発揮していた。 林遣都は梅干しが子供のころから苦手だったが、夏にいいと聞き、昨日初めて食べたと告白。「食べられたので克服です!」と嬉しそう に語り、淵上泰史は「料理を全くしないですが、戴いた梨をむいていたら指を深く切ってしまった。それでもむき終った梨があまりに も美味しかったので、指の痛みが和らぎました。 」と告白した。 舞台あいさつの終盤、MCから香港、韓国、台湾にて今年中に海外配給が決定し、この秋のシンガポール日本映画祭と、ハワイ国際映画祭での上映が決定したことが発表されると、川口は 「とにかく嬉しいです!より多くの方に観て頂きたいです。 」と喜びを語った。 (C)2016 映画「にがくてあまい」製作委員会