SKE48新公演で前田敦子彷彿とさせるスピーチ、須田亜香里は感激の涙
SKE48劇場にて、SKE48チームEにとって約2年4ヶ月ぶりの新公演チームE5th「SKEフェスティバル」公演がスタートした。 2014年5月2日から行って来たチームE 4th「手をつなぎながら」公演が9月1日に千秋楽を迎えての新公演となる。 今回のチームE新公演は今年6月に新公演を開始したチームS、チームKⅡ同様、事前に公演タイトルを発表されていなかった。いよいよ幕が開き、出演メンバー16人がステージに登場。注目の1曲目は、チームサプライズの『重力シンパシー』。意外なチームサプライズの楽曲披露にファンから驚きの歓声が上がった。『キミが思っているより…』『ほっぺ、ツネル』とチームサプライズの楽曲が続き『AKBフェスティバル』の歌詞をSKE48に置き換えた『SKEフェスティバル』を披露。 16人のメンバーが満面の笑顔と弾けるパフォーマンスで曲を披露し終えると、須田亜香里は感激の涙を流し、声をつまらせるながら「始まりました!チームE新公演です。みなさんの温かい眼差しがとても嬉しいです」と挨拶。今回のチームEのセンターとなった後藤楽々は、自己紹介で「この新公演でセンターをやらせていただくことになって、まだまだな部分もたくさんあるんですけど、温かく見守っていただけると嬉しいです。私がセンターであることにいろいろ意見はあると思うんですけど、私のことはキライでもチームEのことはキライにならないでください!」と2011年の第3回 AKB48選抜総選挙の前田敦子のコメントを彷彿させるスピーチをした。 ユニット曲では、SKE48キャプテンの斉藤真木子が『お手上げララバイ』を披露。続いて、市野成美・後藤・髙寺沙菜がキュ ートに『君の c/w』を披露。後半は、『バラの儀式』『女神はどこで微笑む?』『ハートのベクトル』を披露しSKE48キャプテン斉藤が「秋が近付いてきた本日、SKE48チームEは新公演の初日を迎えることが出来ました。チームSやチームKⅡに比べてだいぶ遅い初日の幕開けだったんですけど、いつまでも温かく待ってくださったみなさんがいたから、今日のステージが出来たんだと思います。存在するだけで誰かのためになる、そんな私たちでいつもありたいですし、ここSKE48劇場がみなさんにとってのそんな場所になるように心をこめて歌います」と全員で『キンモクセイ』を披露した。 アンコールでは、着物をアレンジした衣装を着た16名のメンバーが再びステージに登場すると、この公演で初めてのチームサプライズ以外の楽曲となるチームZ『恋のお縄』を披露。この公演のために作った特製のSKE48 銭型キーホルダーチャームを斉藤が客席に飛ばしプレゼント。 リーダーの須田から今回の公演タイトルを「SKEフェスティバル」公演と名付けたことが発表されるとファンの温かい拍手が沸き起こる。須田は「みなさんもお気付きだと思いますが、ここまでSKE48 の楽曲は一曲もありませんでした。この公演をやらせていただくことになったとき、とても悩みました。ファンのみなさんは SKE48のオリジナル楽曲をすごく愛してくださっていることを分かっていたので。チームSになくて、チームKⅡになくて、AKB48グループどこもやってない曲ってなんだろうって考えたんです。その時にあまり披露されたことがないこの曲の存在に気付いて、この楽曲だったら自分たちがゼロから作り上げる公演に近づけるんじゃないかな、と思ったんです。最初はすごく不安で、でも、公演を始めると、ファンのみなさんはどんな曲を歌ってても私たちのことを一生懸命応援してくれて…、だから、ファンのみなさんに認めてもらいたいって思ってたことが申し訳なくなって、この先どんな障害があっても、どんなに辛ことがあっても、私たちが前を見て「ついて来てください」って言える存在じゃなきゃなって思いました。知らない曲も多かったと思うんですけど、みなさんこれから私たちの公演に連チャンで通っていただけたら嬉しいなと思います。激アツな公演にしていきましょう! 」とコメントした。 写真(C)AKS