ノラ・ジョーンズ Blue Note東京初ライブにサプライズゲスト登場
9月7日、来日中のノラ・ジョーンズが東京のブルーノート東京で『デイ・ブレイクス』ショーケース・ライヴを開催した。10月5日に発売されるアルバム『デイ・ブレイクス』を予約するなどして応募した一般当選者と、関係者含めて250名の観客がスペシャルな一夜を体験した。 ノラ・ジョーンズは英語で「来てくれてありがとう」とピアノに向かうと、「新しいアルバムから演奏します」と客席に語りかけてショーをスタート。ベース、ドラムを加えてのジャズ・ピアノ・トリオの編成で、すでにラジオでヒット中のリード曲『キャリー・オン』、『イッツ・ア・ワンダフル・タイム・フォー・ラヴ』をプレイした。 「ブルーノートで演奏するのは初めて。とてもよい感じね」と語り、バンドメンバーの日本人ミュージシャンの二人、みどりん (ドラム、SOIL&”PIMP”SESSIONS)、小泉P克人(ベース、こいずみ・ぴー・よしひと)を観客に紹介した。数日前にノラ・ジョーンズが来日してから初めて顔を合わせ、リハーサルをしたばかりの3人が息の合った演奏を見せた。 続く『トラジディ』ではハイトーンのヴォーカルを聴かせ、『アンド・ゼン・ゼア・ワズ・ユー』を挟み、『フリップサイド』では、小泉がベースをウッドベースからエレクトリック・ベースに持ち替え、ビートの効いたバンド・サウンドを聴かせた。 ここまでニュー・アルバム『デイ・ブレイクス』からの楽曲5曲を聴かせた後、「友達が東京に来ていて、彼は明日キャンディス・スプリングスのライブに出るんだけど、来てもらいました」と紹介し、サプライズのゲストであるジェシー・ハリスをステージに上げた。「ジェシーにテキサスで出会ったのは1998年だったかしら。友達になって、チャート図みたいな形で曲をメールで送ってくれてね。そしてニューヨークでいっしょに仕事して、その曲をファーストアルバムに入れたの」と語った。 ジェシー・ハリスがソングライターである『ドント・ノー・ホワイ』は、米グラミー賞を独占したデビュー作『ノラ・ジョーンズ(Come Away With Me)』(2002)の1曲目を飾った代表曲。ジェシーをアコースティック・ギターに加えた4人で演奏した『ドント・ノー・ホワイ』で、ノラ・ジョーンズのトレードマークと呼ばれた”スモーキー・ヴォイス”を聴かせ、ステージを締めた。 ノラ・ジョーンズは9月9日(金)にはテレビ朝日「ミュージックステーション」に生出演する。