指原莉乃も絶賛、HKT48松岡はなの魅力とは?
次代を担うプレイヤーたちが台頭し始めているAKB48グループ。HKT48にも次を期待される若手が表れた。チームTⅡ所属、松岡はなだ。彼女は発売したばかりのHKT48ニューシングル『最高かよ』のセンターに選ばれ、TⅡ初のオリジナル曲『空耳ロック』、ソロ曲『女の子だもん、走らなきゃ!』と1枚で3作もの作品を担当する。 当サイトでも過去に紹介したが、指原莉乃は彼女にメロメロ。ことあるごとに「かわいすぎる」との発言を残している。さらに、秋元康氏が「HKT48のスターになりつつある」と先日行われた小室哲哉氏、つんく♂氏、指原とのパネルディスカッションイベントの際にコメントし、新聞連載でも松岡について触れているほどだ。兒玉遥、宮脇咲良、田島芽瑠、朝長美桜…と、AKB48グループでも通用するセンター級がひしめくHKT48の中に突如現れた新星とも言える松岡。HKT48に加入してから約1年という短き活動期間、しかも選抜2回目でこの大抜擢。だが、この展開も決してサプライズではない。そう思わせるに相応しいほどに松岡は魅力に溢れている。 常に満点の笑顔を絶やさない愛嬌たっぷりなルックス。どんなことでもニコニコと真っ直ぐに受け応える真っ直ぐさは「HKT48のおでかけ!」(TBS)でフットボールアワーの後藤輝基“兄さん”をもメロメロに。松岡菜摘からは「子供っぽいよね」と揶揄される賑やかさも魅力。Showroomで同期の今村麻莉愛、村川緋杏と一緒にキャッキャとじゃれ合う姿を見せれば、何かあれば変顔を披露するという茶目っ気も持ち合わせるなど、とにかく無邪気。天真爛漫さが彼女のピュアネスを象徴している。 ホンワカしたムードを漂わせながらも、ステージでは一変。彼女の最大の武器は何といっても2歳の頃から始めたというダンスだ。 身長159センチと小柄ながら、長い手足から繰り出されるしなやかさも併せており文字通りの繊細な動きも見せるなど、硬軟自在。どのポジションでも目を惹く。常に笑顔を絶やさないのはもちろん、それに止まらず曲により引き締まった表情も見せるなど、表現力も日毎磨かれ続けている。「ドラフト会議」の際、コレオグラファーの新垣寿子先生から、「伝えたい思いを表現できるかが課題」と諭されてからこの1年で、松岡なりに歌詞を読み解き、噛み砕いて成長を促してきたのだろう。その姿勢も素晴らしい。最初、握手会やメディアでのふんわりした“愛らしさ”を知ってから劇場での彼女を知ると、驚きと共にさらに惹かれることだろう。今春開催された全国ツアー「サシコ・ド・ソレイユ2016」にてソロで披露した『ラッパ練習中』の煌めきぶりは、もはや語り草に。 テクニックだけでなく、順応力も並大抵ではない。インフルエンザで急遽欠席となった下野由貴の代役として『Faint』を公演当日に覚え、しかも初の2ポジション目というプレッシャーの中も昼夜ともに完璧にこなし、4月28日に開催された「HKT48劇場移転・リニューアルOPEN特別公演」では、休演することとなった指原のポジションのアンダーを見事に務めるなど、急場が巡ってきたとしても期待値以上の結果を残せるのが松岡の凄味だ。握手、「おでかけ」以上に、劇場で見つかった、という声が多いのも非常に頷ける。自分でも苦手と歌唱力も、甘く線がか細い声は十分魅力的だ。今もなお磨かれているので、ダンス同様に期待していいでしょう。 そんな松岡は自他ともに認める大の緊張しいだという。しかし、ステージでは決して臆することなく振舞う。舞台にかける根性が据わっているという証拠だと言える。まさに、センター向きだ。 個人のSNSがないため、普段中々語られない彼女の素の部分。だが、今年1月20日に開催された松岡の生誕祭にて送られた、NGT48の日下部愛菜からの手紙は、松岡はなの人柄を伺える。松岡と日下部は「バイトAKB」として活動し、共にドラフト生として切磋琢磨した、いわゆる戦友とも言える間柄だ。その手紙には、バイトAKB時代は中学生組のまとめ役を担っていたという松岡に憧れを抱いていたという始まりから、共に臨んだドラフトでは惜しくも涙を飲んだ日下部を励まし続け、日下部がNGT48に加入後も遠く離れた彼女を優しく見守り続けているという内容が綴られていた。長文のために本稿では割愛するが、ぜひ調べて全文を読んでいただきたい。優しく健気で一途と言う松岡の魅力の全てを凝縮するかのような内容だ。 日が経つにつれ、彼女の魅力はより一層増している。このセンター経験を通して松岡がどのような成長を遂げるのか。博多の新たな希望、これからの活躍が楽しみでしょうがない。(田口俊輔) 写真(C)AKS