HKT48宮脇咲良が「SKK」まさかの2位に大喜び
HKT48が、8th Single『最高かよ』を発売し、大ヒットを記録している。今作は、ドラフト2期生の松岡はながセンターを務め井上由莉耶や、グラビアで人気急上昇中の田中優香が選抜に抜擢されるなど、新たなHKT48の魅力を引き出す一曲となっている。 「今年最高のアッパーMIXソング」の触れ込みで、曲中にMIXと呼ばれる合いの手が多数入り込み、超弩級に盛り上がるパーティーチューンとなっている。HKT48を代表する一曲となりそうだ。 そんな『最高かよ』を盛り上げるために、各メンバーが発売日である9月7日、一斉にSNSを中心に宣伝を開始。中でも、宮脇咲良の告知がファンの間で話題となっている。 公式のツイッターにて「まさに… 『SKK』な曲になっています」と今回の「最高かよ」を、DAIGOでお馴染みの「DAI語」に変換。「#SKK」としてツイッターで公開するとファンが広め、「Yahoo!リアルタイム検索」にて一時的に2位まで急上昇をすることに。 1位が「残業規制」だったのだが、このリアルタイム検索はエンタメやアイドルのワードだけを拾っているのではないことから今回の「#SKK」が2位になったことは快挙といえるだろう。 今回の楽曲で勢いに乗るHKT48、年末へ向け更に加速していくことを期待したい。 写真(C)AKS