宮脇咲良が意外な若手注目女優と幼馴染だった
当サイトでも記事として取り上げたHKT48宮脇咲良の公式ツイッターアカウント。投稿数は多くないものの、面白く、ファンの興味をそそるつぶやきが多く注目度抜群。アカウント開設から一週間たたないうちに9万人のフォロワーを集め、10万人目前となっている。 そんな人気アカウントで、意外なつぶやきを発見した。話題の映画「君の名は。」を見たという宮脇、「聖地と呼ばれる須賀神社へ行ってきました」と聖地巡礼をしたことを写真付きで紹介。 その中で、「実は、三葉ちゃんを演じている上白石萌音ちゃんは小さな時からの鹿児島のお友達。色んな映画に出演していて、本当に凄いなぁ。。」と、「君の名は。」でヒロイン宮水三葉役の声を演じる上白石萌音と地元で幼馴染だったことを告白。 上白石萌音は、映画「舞妓はレディ」で初主演を務め、その後も「ちはやふる」、11月5日公開の「溺れるナイフ」と話題作への次々に出演している注目の若手女優だ。歌手としての存在感も見せ名作映画の主題歌/挿入歌を集めたカバーミニアルバム『chouchou』でメジャーデビューすることも発表されている。 二人は、過去に上白石萌音と妹である上白石萌歌とが、宮脇咲良と共に故郷の鹿児島にあるアカデミーに一緒に通っていた形跡がHPで確認できる。 スターの階段を着実に登っている二人。今後は、共演をする場面も多くなる可能性は高いので、ぜひ、ツイッターで仲の良いツーショットなど見てみたいものだ。 写真(C)AKS