鈴木奈々 子持ちで人妻の後輩に早速「バーターよろしく」と頼る
バラエティーで大活躍の鈴木奈々、原宿のカリスマショップ店員ながら、最近テレビで活躍のぺえ等が所属する芸能事務所「TWINPLANET ENNTERTAINMENT」が主催したオーディション「NEXT/BREAK AUDITION」の最終選考会が都内で行われた。 個性、即戦力を重視したオーディションとして話題を集め、応募者全員との直接面接を実施、6,831名の応募があった。その中からより個性を発揮し輝きを放ったファイナリスト18名が最終オーディションに臨んだ。 最終審査会にはMCとして同事務所の福井仁美、よしもとから芸人タケト、そして鈴木奈々、ぺえも参加し、「盛り写メ審査」「変顔審査」「リアクション審査」などユニークな選考が行われた結果、準グランプリには、大阪出身の22歳、安芸フィールド慈音が選ばれた。ファイナリスト選出時からぶれないキャラクターと、対応力が評価されての受賞となった。安芸は、発表の瞬間大きなリアクションで喜びを爆発させていた。モデル部門応募者に実施された水着審査でも高身長を活かした素晴らしいランウェイを見せていた。 また「S Cawaii」「aimerfeel」「SHOWROOM」「Shop List.com by Crooz.com」「Soup」「Beauty Plus」「PRISIVA」「BEL e’BEL」の媒体各賞も選出され、東京出身の19歳・安倍花映が4社からモデル契約を約束された。また、アイドル賞には奈良出身の18歳・瀬山まどかが選ばれ、涙をこぼしていた。 そしてグランプリには、人妻で、3歳の子供を育てながら、社長業もこなすという23歳、その名も”人妻幸子。”が選ばれた。「人妻というワードをキーに発信、セルフプロデュースにも優れ、すでにTwitterのフォロワー数が18,000人という彼女。”即戦力”という本オーディションのコンセプトに最もふさわしいと選出された。 ”人妻”の後輩ができた鈴木は「後輩のバーターという繋がりが、バラエティー5年目の自分にとってたいへん重要です」と早くも頼りに。ぺえは人妻の「お手柔らかに」の発言に「しません。ビシビシやっていきます」とスパルタ宣言が飛び出した。 今後の人妻幸子。の活躍に大いに期待したい。