GACKT セブン&アイグループ提案の「ボージョレ ヌーヴォー」とコラボ
セブン&アイグループのセブン‐イレブン・ジャパン、イトーヨーカドー、そごう・西武では、9月3日(土)から、それぞれ2016年の「ボージョレ ヌーヴォー」の予約受付を順次開始した。毎年「年に一度のワインのお祭り」として大きく盛り上がるボージョレ ヌーヴォーの解禁日。今年は11月17日(木)が解禁日となる。 今年はセブン&アイグループ共通商品として、”ボージョレの帝王”と呼ばれる醸造家ジョルジュ デュブッフ氏自らがアッサンブラージュした「ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー〈クー・ド・プレス〉2016」と世界No.1ソムリエの田崎真也氏が現地に渡仏しアッサンブラージュした「シャルル・ドラピエ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー 2016 スペシャル・キュヴェ」の2品を提案。 「ジョルジュ デュブッフ ボージョレ・ヴィラージュ ヌーヴォー〈クー・ド・プレス〉2016」は今年初めて、自宅の一室をワインセラーにするほどのワインの愛好家としても知られるアーティスト、GACKTを起用したプロモーション活動を展開する。当商品購入者に、GACKTオリジナルポストカード(全3種)を1枚プレゼント。今年だけの特別なヌーヴォーの味わいを是非楽しんでほしい。