全てにおいて日本一!YOSHIKIがディナーショーの概念を覆す
YOSHIKI が、2016年8月30日(火)、8月31日(水)、9月2日(金)、9月3日(土)の4日間で計5回(※BREAKFASTショーを含む)にわたって開催したプレミアムディナーショー「EVENING with YOSHIKI in Osaka and Tokyo Japan 2016」が、2016年9月3日(土)グランドハイアット東京にて最終日を迎えた。 発売と同時にチケットは即完売。追加公演になったBreakfastも即完売と、ディナーショー国内最高額にしてプラチナチケットとなった今回のスペシャルディナーショー。 本人が監修したこだわりの食事と、YOSHIKIオリジナルのカリフォルニアワイン(白)フルボトル1本に今回限定のカトラリーセットにトートバッグなど贅を尽くした手土産の数々。米国エージェントや米・英の元駐在大使、桃井かおりさんを始め国際的セレブリティや文化人のゲスト達、そして海外メディアも多数来場するなど、日本にいながらにしてまるで異国の地にいるかのようなディナーショー会場となった。 そして、このショーのためだけに、ゲストボーカルとストリングスメンバーをはるばる海外から招くなど、YOSHIKI本人のこだわりもハイレベルで、そこにはもはや国境などない。 名曲『Forever Love』、解散ライブのラストに演奏された『The Last Song』などX JAPANを代表する楽曲はもちろんのこと、第69回ゴールデングローブ賞テーマ曲『Theme For The Golden Globe』、2005年日本国際博覧会「愛・地球博」公式イメージソング『I’ll Be Your Love』、天皇陛下御即位10年奉祝曲『Anniversary』と、世界基準で活躍するYOSHIKIの真骨頂とも言える、スケールの大きな楽曲が次々と披露された。 そしてYOSHIKIが作詞・作曲を手がけた話題曲「TBS火曜ドラマ せいせいするほど、愛してる」の主題歌『薔薇のように咲いて 桜のように散って』、Hello Kittyのテーマソング『Hello Hello』と未発売楽曲も披露。更にHIDE、TAIJI、自身の父親に捧げる『Without you』、そして最後はファンの合唱と共に『ENDLESS RAIN』でショーのラストを締めくくった。 YOSHIKIMONOファッションショーと、ファンにはお馴染みYOSHIKITTYの登場もあり、サプライズでドラムパフォーマンスを披露し、ドラムスティックを「X」に掲げて会場を煽るなど、まるで本人さながらのパフォーマンスで観客を盛り上げた。 また、チャリティーオークションではファン必見の全17品が出品され、全てが100万円超えの高額落札で、落札総額はなんと3460万円。その中でも、東京会場の初日に出品された「DAHLIA」のジャケット写真で使用されたブーツが355万円と最高落札額となった。他にも、多くの海外メディアにその写真が取り上げられた、サンダンス映画祭での着用衣装や、現在放映中の楽天モバイルCM撮影時の着用衣装など、ファンにとっては喉から手が出るほどのお宝ばかり。司会を担当したオークショニア曰く、「これほどの値がつき、盛り上がるオークションはこれまで経験したことがない。」との事。チャリティーオークション後には、じゃんけんで勝ち続けたファンにレスリー・キー氏が撮影した「スペシャルフォトブック」をプレゼントするという嬉しい演出も。尚、オークション落札額はYOSHIKIが運営する米国非営利公益法人501(c)(3) 「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて全額寄付される。 そして、ドラムパフォーマンスを完全シークレットのサプライズで披露すると、会場の興奮はピークに。ドラム音の振動を肌で感じるほどの至近距離でのドラムプレイは、まさに「ディナーショー」という言葉の枠を完全に超越した演出。前例のない事をやり続ける、YOSHIKIらしい唯一無二のサプライズとなった。